ストックフォト

ストックフォト 1.WEBサービス

ストックフォト

パソコンを使って自宅で副収入を得たい!と考えたことがありませんか。いまや比較的簡単にオークションやせどりなどで稼げる時代です。その殆どは少額ですが、それでも副収入は何もないよりあった方が良いですね。

今月は、自分で撮影した写真をネット上にストック=溜めて販売する「ストックフォト」についてご紹介します。

ストックフォトとは

ご自身で撮影した写真をサイト上に登録して、世界を相手に売り込むサービスです(下記参照)。登録できる写真は風景画、人物画、静物画、動物画、いずれも良いが、肖像権や著作権には十分に注意が必要。写真以外にもイラストや動画も商品として登録できます。
販売するまでのおおまかな流れは(例;PIXTA)
・会員登録
・入門テストで著作権などについて学ぶ
・審査用の素材を投稿
・審査をパスすれば販売開始
販売金額は利用するサービスによって違い、PIXTAを例にするとSサイズで540円、Mで1,620円、Lで3,240円、XLで5,400円、収入はおよそその半分の金額になります。

売れやすい写真とは

ただきれいな風景写真や、芸術性の高い写真がストックフォトでよく売れるわけではありません。ストックフォト購入目的のほとんどは、企業が自社のホームページや広告に使用したり、出版社が挿絵として使用したりします。そのため、ビジネス関連の写真はよく売れます。また時事ネタにかかわる写真も良く売れます。
ストックフォトは普段撮る写真とは違い、以下の点を心掛けて撮影しましょう。
・基本的に企業(法人)をターゲットにする
・写真の用途を想像して撮る
・人気なのは人物写真、子どもの写真、ビジネスをイメージさせる写真、料理写真、環境やエコを感じさせる写真
・メジャーな写真よりも、マイナーでニッチな写真を狙う
・旅行先で珍しい風景や文化を撮影する
売れそうな写真を考えて、撮って、アップしてみて、結果を振り返る。この非常に単純な作業が大事なのです。

まとめ

や広告に使用したり、出版社が挿絵として使用したりします。そのため、ビジネス関連の写真はよく売れます。また時事ネタにかかわる写真も良く売れます。
ストックフォトは普段撮る写真とは違い、以下の点を心掛けて撮影しましょう。
・基本的に企業(法人)をターゲットにする
・写真の用途を想像して撮る
・人気なのは人物写真、子どもの写真、ビジネスをイメージさせる写真、料理写真、環境やエコを感じさせる写真
・メジャーな写真よりも、マイナーでニッチな写真を狙う
・旅行先で珍しい風景や文化を撮影する
売れそうな写真を考えて、撮って、アップしてみて、結果を振り返る。この非常に単純な作業が大事なのです。

ストックフォト

コメント