メモ整理アプリ「Evernote」

メモ整理アプリ「Evernote」 1.WEBサービス

メモ整理アプリ「Evernote」

前回はシンプルな多機能メモアプリ「Google Keep」で一時的なメモはGoogle Keepに、ずっと保管しておきたいものはEvernote(エバーノート)に移行という使い方をお薦めしました。

今月はメモの整理・管理にとても便利な「Evernote」についてご紹介します。

Evernoteとは?

Evernoteは文字によるメモだけでなく写真、動画、ボイスメモまで、気になったことはとりあえずメモ(記録)して、後からいつでも好きなときに閲覧することができます。ネットさえつながっていればどこでも、パソコンでもスマートフォンでも利用可能。Evernoteなしでは生きていけないというヘビーな利用者も多く、使っている人には使い込まれている人気のメモアプリです。
しかし一方で、昔使ってみたけど結局使いこなせず終わってしまったという人や、便利そうだけど難しそうと敬遠している人もかなりの割合でいます。
何をメモするのか?そこにつまずく人が多いようなのでは、まずは気になる記事(WEBページ)をEvernoteに保存してはいかがでしょうか。便利なツールを下記に紹介します。

 

ノート、ノートブック、スタックとは?

Evernoteでいう「ノート」とは、紙のノートでいう「ノートの1ページ」に当たります。
「ノートブック」とは、紙のノートでいう「ノート1冊」に相当します。メモや写真などなどで作った「ノート」を、適当な「ノートブック」に分類して(束ねて)おく
ことができます。
「スタック」とは関連するノートブックをまとめる「箱」のようなものです。
これら3つの単語はEvernoteを使う上で大事なのでしっかり覚えておきましょう。

メモ整理のポイント

ある程度Evernoteを使っていくとたくさんのノートが溜まっていきますので、分類別の「ノートブック」を作り該当する「ノート」を「ノートブック」に綴じていきます。「ノートブック」が増えてきたら「スタック」を作り「ノートブック」を綴じていきましょう。
またEvernote にはタグという機能があります。タグとは、ノートに追加できる付箋(ふせん)・キーワードのようなもの。タグを意識的につけておけばより簡単に、そしてより確実に、欲しい情報にたどり着けるようになります。タグは一つのノートに複数付けることができます。「最優先」「重要」「よく使う」「あとで読む」「未処理」「進行中」などのタグを付けるのも有効です。

 

まとめ

メモをとる習慣を身につけると凡ミスなどの失敗が減り、頭や心の整理ができ、解決方法がひらめいたり、ストレス解消や、何かの気づきが待っていたりアイデアを生み出す効果もあります。メモをとることであなたの「仕事」が「人生」が「世界」が変わるかもしれません。
パソコンやスマホから気になるWEBページや身の回りの書類などを写メまたはスキャンしてEvernoteに入れることからスタートしてみると良いかと思います。

 

 

メモ整理アプリ「Evernote」

コメント