旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

YouTube(ユア・チューブ)

YouTube(ユア・チューブ)~

  皆さんは「YouTube(ユア・チューブ)」をご存知でしょうか。
  先日のニュースでGoole社が同社を巨額のお金で買収しましたね。
  16億5000万ドル。日本円に換算すると約2000億円!
  お金の事はともかく、僕はその存在こそ知っていましたが、
  実際に使ってみたのはつい先日の事です。

  「YouTube」とはアメリカの動画配信サイトで、個人で撮った
  面白いビデオ動画などをネット上にアップして、多く人と皆で
  共有しようというサイトです。

  アメリカ発なのですが、利用は世界中の誰でも利用する事が
  出来ます。動画を見るのも、載せるのも無料です。

  どんな動画が見れるのかといいますと、基本的に個人が個人の
  ビデオカメラで撮影したビデオクリップを載せるサイトなので、
  とても個人的なものが多いです。

  ただし、それは外国モノでの話。希望する動画を探せるように
  検索欄が設けられており、そこに日本語で検索すると実の様々な
  動画ファイルがあげられています。

  具体的に言いますと
  ・昔のTVドラマ
  ・音楽のビデオクリップ
  ・スポーツ中継の名場面

  あと、なんだろう。それこそありとあらゆる動画があるような気が
  します。ですが著作権の絡みからなのでしょうか、1つのファイルに
  付き10分以内の制約があるようです。

  10分以内という制約があるものの、人によっては見ようによっては、
  かなり面白です!なかなか使えます!
  そうだなぁ、僕もちょこっとしか見ていないから一概には言えない
  けれど、30代~40代後半くらいの方にはけっこう、むかし懐かしい
  動画があって、面白いと思います。

  僕が検索していった一例を上げると、まず「佐野元春」で検索しました。
  すると昔懐かしい曲のライブ映像がいくつか検索にヒットしてきました。
  もちろんファンの僕にとってはお宝映像です。
  そのどれもは長くて4~5分程度ですが、それでも十分楽しい!
  新人当時の若い元春の歌声が聞こえる。スッゲー!

  元春のビデオクリップをいくつか見て、各ビデオクリップが終わると
  2つほど、その時代と同年代の(もしくは同じジャンルの)ビデオ
  クリップタイトルが表示されます。
  そこにはナント「小泉今日子」と書かれているではありませんか!
  これはこれは!と思い、昔懐かしい「学園天国」のビデオクリップを
  見て、その次に名曲「木枯らしに抱かれて」を見て、そうこうする
  うちに今度は「中山美穂」がリストアップされてきます。
  あらら、これまた懐かしい・・。

  そのように過去の80年代アイドルを小泉→中山美穂と見た後、
  「松田優作 探偵物語」のタイトルが表示。
  あのドラマの最初と最後にSHOGUNの音楽とともに流れていたクリップが
  あったり、このドラマの名シーンがあったりで、かなり面白い!
  かなり楽しい!時間も忘れて、しばし見入ってしまいました!

  ちなみにYouTube、利用するのにユーザー登録はしなくても動画を
  閲覧する事が出来ます。ですからどうサイトにアクセスして、
  見たい動画絵を検索すればすぐに見れるのです!素晴らしい!

  ちなみに、ユーザー登録をすると以下のようないくつかの機能が
  使えるようになります。 
   1.手持ちの動画をアップロードができるようになる。 
   2.プレイリスト機能(お気に入りの映像をMy Favoritesとして保存
     できる)が利用できる。 
   3.ユーザー同士でメッセージの交換などが可能になる。 
   4.動画を評価したりコメントをつけたりすることが可能になる。 
   5.アダルト関係の動画を閲覧できるようになる。(18歳以上のみ)

  ネット上の動画なので画質はあまりよくないですが、それは仕方の
  ないことですね。画像の大きさも初期値では小さいですが、画像が
  表示される右角下にモニタ一杯に最大化表示されるボタンがあります。
  それを使えば画像は荒いものの、大きなサイズで動画を見る事が出来ます。

  その他、動画をダウンロードする方法や細かなテクニック的な事は
  ある事はあるのですが、ダウンロード云々となると著作権も問題とか
  もあるかもしれないし(ないのかもしれないけれど)、結構、深い話に
  なりますので、これくらいにしておきたいと思います。
  これくらいといえども、まだYouTubeをご存じない方には、これは
  なかなか面白いものだと思います。
  まだの方は是非、お試しを! 
  検索キーワードをいろいろと考えて、変えて、検索してみて下さいね!

 「YouTube」 http://www.youtube.com/ 

 ページは全て英語表記ですが、トップページ右上の検索欄に日本語で
  見てみたい動画のキーワードを入力して、検索にヒットしてきた動画
  ファイルをクリックするだけですから、見るだけなら簡単にできると
  思います。


●パソコン活用法PDFダウンロード ~ヤフーオークション~

  これまで「Yahoo! オークション」に関して資料を用意しております。
  配布資料は有料です。どのくらいのボリュームで、内容の濃さで
  というものを確認したければ、Yahoo!オークション2をご覧下さい。
   Yahoo!オークション2  http://url123.com/mxxqd
   ユーザーID 0514  /  パスワード k4s93ws

  これまでの配布資料は
   1.「Yahoo! オークションの始め方1」・・・ヤフオクの概要
   2.「Yahoo! オークションの始め方2」・・・IDの取得と認証について
   3.「Yahoo! オークションの始め方3」・・・プレミアム会員について
   4.「Yahoo! オークションの始め方4」・・・決済・ネットバンクについて
   5.「Yahoo! オークションの入札編1」・・・検索テクニック
   6.「Yahoo! オークションの入札編2」・・・マイオークションや
                                              ウォッチリストについて
   7.「Yahoo! オークションの入札編3」・・・出品者や出品物の見方に
                                              ついて
   8.「Yahoo! オークションの入札編4」・・・自動入札やYahoo!メッセン
                                              ジャー
   9.「Yahoo! オークションの入札編5」・・・入札時のちょっと高度な
                                              テクニック


  上記についてご覧になりたい方は、私までメールを下さい。
  折り返しこちらからメールで費用の振込先を書いたメールを返送
  いたします。
  和田まで。費用はサポート付きで単発300円(Yahoo!オークション各
  号300円)です。

  ↑価格を下げました!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●◇●気になったニュース●◇●

  1. チケット、取っちゃったもんね!「ビリージョエル コンサート」
      http://kat.cc/url.php

  2. 最近僕はこんな事もやっています!「アシアナ友の会 勝手連」
      http://iitabi-oz.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●◇●ひとり言●◇●
ヒッポファミリークラブ
  「7か国で話そう!」っていうチラシをご覧になった事はないで
  しょうか。僕は以前、町のどこかでこのキャッチフレーズが書かれた
  ポスターを何度か見ていて、「7か国で話すなんて到底、ムリムリ!
  子供達がせいぜい二言三言挨拶が出来る程度の塾か何かだろう」と
  思っていました。

  ところがどっこい、このヒッポ~というクラブ、伊達じゃありません!
  その活動内容といいますか、方針や内容が実に素晴らしい!小泉さん
  ではないけれど「感動した!」って感じです(ちょっと古いか)。

  先週、ヒッポ~について詳しく聞かせてもらう機会がありました。
  ヒッポ~がどういう活動をされているのかをかいつまんで説明します。

  事業の柱は「多言語を習得し、他国の人たちと交流を深める」と
  いうもので、多言語とはスペイン語、韓国語、英語、日本語、ドイツ語、
  中国語、フランス語、イタリア語ロシア語、タイ語、マレーシア語、
  ポルトガル語、インドネシア語、広東語、アラビア語、ヒンディー語、
  台湾語、トルコ語、スウェーデン語であり、活動場所は国内約780箇所、
  交流している国は概ね100カ国。もうちょっと簡単に書きますと・・・。

  多言語でまとめられた歌や物語のCDをご家庭で聞きます。
  基本的にはただ聞き流すだけ。子どもでも分かる漫画チックな
  テキストはあるけれど、練習帳などはありません。宿題とかも
  ありません。

  そして地域によって違うかもしれませんが、ここ旭川では週6日、
  市内各地の講習会場で2時間程度の講習?講習じゃあないなー、
  メンバーが集まって、その他言語のCDの歌を歌ったり、物語を聞い
  たり、お話をしたり・・・という集まりがあるようです。

  また、他国の人たちとの交流をとおして多言語を習得し人間形成に
  役立てる会ですから、各国からのホームスティなどの迎え入れも
  あるようです。
  もちろん、迎え入れだけではなく日本から各国にホームスティに
  行くプログラムもあります。ねぇ、楽しそうでしょう?
  これを読んでもらった方が分かりやすいかな↓   
   http://www.lexhippo.gr.jp/experiences/

  問題は、じゃあ本当に多言語を理解し、話せるようになるのか?と
  いう事ですが、僕がお会いしたヒッポの会員の方は、英語や韓国語や
  その他いくつかの言語を簡単な挨拶程度ならできるし、言語によって
  は交流も出来ると言っていました。
  実際に僕には良く分からなかったけれど、ベラベラと多言語で流暢に
  話をされていました。すごい!

  僕もその昔、英語教材の「家出のドリッピー」という物語をカセット
  テープでただ聞いていて、ただ聞いているだけでもいろいろなフレーズ
  が自然と頭に入るし、理解できるようになったし、口から自然と言える
  ようになるのを経験的に知っています。本当ですよ。
  もう20年前に聞いたあのフレーズが今でも耳に残っていて(ドリッピー
  のお母さんの声とか)、正確に単語のスペルを書くことは出来ない
  けれど、あの時聞いていた会話の一部を今でも口にする事は出来るん
  です。耳に残っているんですね。

  多言語の習得という事からも、このヒッポ~という活動は良いけれど、
  それよりも他国の言葉に触れることにより、日本以外の他国の事を
  知る事が出来るということが素晴らしいと思うのです。
  もっというと他国・自国関わらず、“人間”というものを良く知れる
  ようになると思うのです。

  世界にはいろんな人間がいて、文化があって、歴史があって、考え方が
  あって、日本での“当たり前・常識”が世界ではごく一部の基準なんだと
  知り実感できると思うのです。

  狭いけれど世界から見たら大変豊かな国、我が日本。
  豊かだけどどこか行き詰っている日本。どこか歪んできている日本。
  日本にいて日本人だけに囲まれて、狭い了見でしか物事の判断できなく
  なっている私たち。
  
  日本は単一民族国家ですから、一般的には他の民族との交流がありません。
  国土も狭い。考え方や発想が窮屈になるのも仕方のないことかもしれません。

  しかし考え方を変えて、ヒッポ~のような活動を通して世界と触れ合うと、
  海外に出かけなくても、ちょっとでも少しかでも、自由に広く考えられる
  ようになったり、“日本がスタンダード”ではなく“世界のスタンダード”
  的な考え方が出来るようになると思うのです。
  子どもが小さいうちからいろいろな国の人と接する機会があるって
  とても良いと思うのです。

  僕は29歳の時にオーストラリアに1年間暮らして、いろいろな国の人と
  知り合い仲良くなったし、1カ国だけど英語をちょっとだけ話せるように
  なった。
  その事により「収入が上がった」とか「何とかの資格に役立った」とか
  実質的な事はないけれど、僕自身の人間形成上にもの凄くプラスに
  なった。
  そしてたぶん、最大の恩恵は上のような考えが出来るようになった事
  だと思う。

  もう極論を言っちゃうと、日本の教育システムはどうしようもない
  ところまで来てしまったので(今日もニュースで中2の男の子がいじめを
  苦に自殺したと流れている)、何らかの外部の教育の場が必要な訳で、
  それは決して進学塾とかではなく、ヒッポ~のような海外の人との
  交流をとおして“生きる力を育む”教育の場が良いと思うのです。

  テストで良い点を取るよりも、例えば砂漠で1滴の水を得るために考え
  行動できる資質を身につける方が大事でしょう。いま現在も、そして
  これからも。悲しいかな格差社会の中では特に・・・。そう思います。


  長くなりました。以上、ヒッポ~の詳細についてはホームページを
  ご覧下さい。http://www.lexhippo.gr.jp/ 
  今週はこの辺で。ではでは。

  
  ブログには先週末、ちょこっとだけツーリングに行った際に写した
  北海道の屋根、大雪山の写真を載せておきます。
  まるでアルプスみたい(行ったことないけれど・・・)。
  来年はこの山を登ってみようかなと考えてます! 
WEBサービス   2006/10/16   wada
このページの先頭へ戻る