旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

5万円ノートパソコン4

5万円ノートパソコン4~
 
  「5万円ノートパソコン」4回目です。
  5万円ノートパソコン=「ネットブック」でしたね。

  前々回および前回は実際のネットブックの使い勝手についてご紹介
  しました。
  どんな商品も、持ってみて、使ってみて、初めてわかる事ってある
  と思います。
  これからネットブックを購入しようかなと検討されている方は
  それなりに参考になるかと思います。

 今回は、ネットブックを持つ理由の1つに「モバイル通信」という
 場合もあるかと思います。
  ネットブックでモバイルで通信をする場合、どのようなタイプが
  あり、どのくらいの費用でどのくらいのスピードや使い勝手なのか
  無線スポットは有料なのか無料なのか、申込手続きは必要なのか
  などなどについてお知らせします。 

  今週は通信手段のタイプとそのタイプの1つ「公衆無線LAN」に
  ついてお知らせいたします。

●3つの通信手段
  通信手段には、大きく分けて以下3つの方法があります。
   ・公衆無線LANを使う
   ・データ通信端末を使う
   ・携帯電話を使う

  「公衆無線LAN」は無線LAN機能を使って公衆無線LANの
  アクセスポイントに接続して使います。
  公衆無線LANの利点は、利用料金が安いこと。
  たまにカフェ等でインターネットを使わないという方にお奨めです。
  
  「データ通信端末」はパソコンのカードスロットやUSB端子に
  データ通信端末を差し込んで利用します。
  料金は月額定額制や上限を定められた料金プランが用意されています。
  基本的に場所を選ばずどこでもネット接続できるのが魅力です。
  
  「携帯電話」は専用ケーブルで携帯電話とモバイルパソコンをつなぐ
  ので初期投資額は抑えられますが、通信費は高く通信スピードも遅い
  のが難点です。
  
  あっ、ちなみに僕は電源ケーブルもほとんど使いません。
  バッテリーがあるときはなるべくバッテリーを使う。
  バッテリー残量が10%くらいになったら充電する。
  その方がバッテリーが寿命が延びるので。過充電がバッテリーに
  一番悪いです。
  

●公衆無線LAN
  公衆無線LANの利用は店内が基本とされています。具体的にはマグ
  ドナルドやロッテリア、ホテル、レストランなどです。
  現在、全国展開している公衆無線LANサービスは5つほど。どの
  サービスを選ぶかは月々の料金もさることながら“通信エリアで
  選ぶこと”が大切です。
  
  自宅や会社の周辺が通信エリアになっているかをまず確かめる事。
  出張先や旅行先でモバイル活用を考えている場合、利用する頻度に
  もよりますが年に数回、時々しか利用しないようであれば、利用料0円の
  「FREESPOT」が手始めに良いでしょう。
  主なアクセスポイントはホテルや喫茶店などです
  

 ●主な公衆無線LANサービス比較
	
  1.フリースポット http://www.freespot.com/
   ・無線タイプ:11b/g
   ・アクセスポイント数:6600
   ・料金:0円
    ・特徴:その名のとおり、無料のアクセスポイント。
            主なアクセスポイントは一部の公共機関、ホテル、
            レストランなど。

  2.フレッツ・スポット http://flets.com/spot/
   ・無線タイプ:11a/b/g
   ・アクセスポイント数:9000
   ・料金:月額945円
    ・特徴:NTT東西提供。使える場所はロッテリア、ケンタッキー
            フライドチキン、タリーズコーヒー、東京メトロ、
            都営地下鉄、空港、一部のホテルなど

  3.BBモバイルポイント http://tm.softbank.jp/wlan/index.html
    ・無線タイプ:11b/g
    ・アクセスポイント数:4000
    ・料金:月額0~304円
     ・特徴:Softbank Telecom提供。
             主なアクセスポイントとして、マクドナルド、ルノアール、
             ドトール、空港、JR等。YahooBBやYahooプレミアム
             会員の特典あり。

  4.HOTSPOT  http://www.hotspot.ne.jp/
   ・無線タイプ:11a/b/g
   ・アクセスポイント数:4000
   ・料金:月額1,680円
    ・特徴:NTTコミュニケーションズ提供。主なアクセス
           ポイントとして、モスバーガー、タリーズコーヒー、
           プロント、空港等。海外のローミングサービスあり。

  5.Mzone  http://www.nttdocomo.co.jp/service/data/mzone/
   ・無線タイプ:11a/b/g
   ・アクセスポイント数:6700
   ・料金:月額1,575円
    ・特徴:ドコモ提供。主なアクセスポイントとして、ドコモ
            ショップ、東京メトロの駅構内とロッテリア、
            プロント、タリーズコーヒー、空港など

  
●まとめ
  ネットブックとモバイル通信、真っ当な使い方かと思います。
  小さなネットブックをカバンからぱっと取り出して、電源は使わず
  バッテリーで起動、無線LANでピピピッ。
  使う人にも寄るでしょうが、その目的はメールチェックが多いので
  はないでしょうか。次にブログの更新、三番目にオークションとか。
  使う人によりますね。

  僕はまだモバイルの必要性をそれほど感じていません。
  日中ほとんどを事務所ですごし、家に帰れば自宅の無線LAN、外出中
  のメールチェックは携帯電話でチェックのみ返信は事務所に戻ってから
  パソコンで。という使い方で今のところ必要十分なので。
  
  とはいってもネットブックを持ってからまだ日が浅いので、次に出張
  とか旅行で遠出するときはネットブックを持って、どこかのフリー
  スポットでモバイルに挑戦したいと考えています。
  僕の場合はやっぱり、メールチェックですね、その目的は。
  携帯でメールチェックも送信もできるけれど、やっぱり携帯は僕に
  とって使いづらい。なので、パソコンに届くすべてのメールを携帯に
  転送させてないし。

  Gmailに転送させているので、ネットブックを立ち上げ、Gmailに
  アクセスすると僕に届くすべてのメールがGmailに転送されていて
  Webメール上でチェックできます。安全に。
  Gmailには強力なスパム&ウィルス駆除機能が備わっているので
  僕のネットブックにはウィルスソフトは入れてません。だから軽い。
  
  そうそう、ネットが使えない環境でもGmailが使えるよう=届い
  ているメールの閲覧や下書きができるよう、オフライン環境でも
  Gmailが使える機能があります。これも便利だなぁ。
  ネット接続できなくても、ネット接続ができていた時点で届いた
  メールの閲覧ができるし、それに対しての返事を書いて保存できる。
  ネットがつながる環境になったときに、それらを発送すればいい。
  「Gmail Gears」 このことについてはまた別の機会にお知らせします。
  

  次回はモバイル通信の第2段、データ通信端末についてご紹介します。
  ネットブックでモバイルで、公衆無線LANを頼らずに、いつでもどこでも
  モバイル通信をするためには、ドコモやauなどの通信会社と別途契約し、
  データ通信カードを購入して使うことになります。
  通信スピードやサービス、月額料金が非常に複雑で変動もしています。
  そこらへんをザクッと簡単にお知らせします。
  乞うご期待!


●パソコン活用法PDFダウンロード ~お休み(隔週)~

★☆彡「迷惑メール対策レポート」完成しています!★☆彡

  第1部 総ページ数27ページ
    ■1. 迷惑メールはどこから来るのか? 
    ■2. 迷惑メールの対策方法いろいろ
    ■3. Gmailを用いての迷惑メール対策


  第2部の目次 総ページ数38ページ
    ■4. 収集されないメールアドレスの公開について 
    ■5. 使い捨てメールアドレスについて
    ■6. Gmailのエイリアス機能について
    ■7. 独自ドメイン・独自メールアドレスの取得
    ■8. 和田的メールアドレスの使い分けについて

  第1~2部、合計65ページです!

★☆彡「リカバリ完全攻略レポート」完成しています!★☆彡

  第1部の目次 総ページ数44ページ
  ■1.パソコンの初期化・リカバリの必要性
  ■2.パソコンの初期化・リカバリの必要性
  ■3.データのバックアップ
  第2部の目次 総ページ数62ページ
   ■4.リカバリの実行
   ■5.リカバリ実行後の作業
   ■6.バックアップしたデータを戻す
  第3部の目次 総ページ数41ページ 
   ■7.リカバリ実行後のおススメ作業
   ■8.日常的バックアップのススメ
   ■9.和田的おススメフリーソフトおよびフリーソフトの扱い方

  第1~3部、合計144ページです!

  「迷惑メール対策」、「リカバリ完全攻略」PDFレポートをご希望の方は、
 このホームページ 問合せにてご連絡願います。
  各部とも3,000円(税込み〉です。3部全部で9,000円です。

  入金を確認次第、PDF形式でダウンロードまたはメールでお送り致します。
  このレポート内容について分らない点がある場合、メールや電話で
  サポートも致します。(お一人3回まで)
 
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  1.マイケルジャクソン、45度前傾ダンス!「Smooth Criminal」
    http://s-url.jp?45091  すごくCoolです!
  2.季節は夏 そうめん食べたいな「ソーメンの七変化レシピ - All About」
    http://s-url.jp?45093
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●◇●ひとり言●◇●
  
 チャリ通勤 自転車の交通マナーを考える

  僕は昨年より冬季、雨の日以外は基本的にチャリ通勤をしています。
  チャリ通勤になった理由はいろいろあるけれど、まあ簡単に言えば
  エコ活動に少しかでも貢献しようかと。
  本当のところはガソリン代節約なんですけどね(~o~)
  まあ何にせよ、毎朝毎夜、音楽携帯プレーヤーで音楽を聴きながら
  自転車で風を切って走るのはとても気持ちがいいです。
  
  しかし時々、ヒャッとすることがあります。
  自転車同士が正面衝突しそうになるんですね。
  朝方はサラリーマンもおばさんお姉さんがたもそして学生らもごった
  返しで自転車に乗って通勤通学します。
  北海道の歩道は本州と違って、道幅がとても広い。
  たとえ対抗に2台の自転車が並んで走っていても、互いに左と右にそれ
  なりに避けて走れば余裕の間隔ですれ違うことができます。
  とにかく歩道の道幅は広い。狭くはない。

  そうなのですが、根本的な交通マナーを理解していない人が多すぎる。
  基本的な交通マナーとは「左側通行」です。
  それぞれが進行方向に向かって左を走ると言うことですね。
  ここをしっかり認識していないと、自転車で走っていて対向に自転車が
  きた場合、どっちによけて良いのか躊躇している人、または頑として
  右側を譲ろうとしない人が多い。
  学生らの2列3列の並走も多い。
  携帯電話を見ながら走っている人もいる。

  昨今、自転車はブームですから、北海道に暮らす僕ですらこのような
  危険を感じているのだから、本州の狭い歩道を歩いてまたは自転車で
  通勤通学している人はとても恐ろしい思いをしていると思います。
  そうでもないのかな、そういう狭いところに暮らしていると、人々も
  それなりのマナーや節度を持つのかな。
  車の運転マナーがそうですから。
  北海道の車の運転マナーは悪いんですよ。「おらが道」的にわがもの顔
  で運転している人がとても多いんですよ。びっくりするくらい・・・。


  たぶん、傾向的にこの自転車ブームはこれからも続くのではないかと
  思います。だってエコですし健康的ですから。
  たとえ自転車本体&グッズの購入費用に5万10万円かけたって、自分
  の健康と交通費代ガソリン代を考えたら、1年や2年で十分に元はとれる
  でしょうし、なにより気持ちがいいと思います。
  最初は多少しんどいかもしれませんが、すぐに慣れますから。
  
  で、僕が提案する自転車の最低限の交通マナーとは
   1.左側交通を意識する
   2.歩行者に自転車の存在を気づかせる(鈴をつける、ベルを鳴らす等)
   3.音楽を聞く場合は方耳イヤホンで。
   4.夜間のヘッドライトは当たり前田のクラッカー
   5.携帯禁止。前を見て走る。

  こんなところでしょうか。

  僕は再来週に「オホーツクサイクリング」に初参加してきます。
    http://www6.plala.or.jp/okhotsk-cycling/
  1泊2日でチャリで212キロ走る大会です。
  走れるかな、お尻が痛いだろうな。
  今週はこの辺で。ではでは!

  ブログに先日行ったカレイ釣りの時の写真を載せておきます。
  海があって空があって竿が1本あるだけの画像ですが。
  竿先にピクピクとアタリがくる。タイミングを合わせる。
  リールを巻いていく。水面下にゆっくり現れる魚影。
  うーん、釣りも楽しいなぁ。
  竿先にピクピクッとあの瞬間が面白いですよね! ピクピクッ
ハードウェア関連   2009/06/29   wada
タグ:新製品
このページの先頭へ戻る