旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

データ・完全バックアップ9

データ・完全バックアップ9~

 PDFマニュアル「データ完全バックアップ」を作成中です。
  今週もまとめる時間を作れませんでしたので、別のネタでパソコンの
 使い方をお知らせいたします。

■パソコンの買い替え
 私の周りだけでしょうか。
  そろそろ今使っているパソコンも古くなってきたし、重くもなってきたし
  新しいOS「ウィンドウズ7」っていうのが出たら買い換えようかと考えて
  いる人は多いのではないでしょうか。
  実は私もその一人です。
  そしてこれもたぶん多くの人が考えている「OSが新しくなってから半年
  か1年くらい経ったころが買い替えのタイミング」と考えている人が多い
  のではないでしょうか。

  そのような事を前提にして考えた場合、チェックすべきポイントは概ね5つ
  あると思います。順を追って説明します。

  1.ウィンドウズ7が落ち着くであろう頃まで今のパソコンが持つのか?
      ウィンドウズ7がリリースして1年後となると来年2010年10月末です。
  2.どこのメーカーのパソコンを買うか?
      性能、デザイン、コストパフォーマンス、アフターサービスを考えた場合
      どこのメーカーがいいのか?
  3.どこで買うか?
  4.いま使っているソフトは使えるのか、データは使えるのか?
  5.旧パソコンから新パソコンへのデータと環境移行をどうするか?


  1.ウィンドウズ7が落ち着くであろう頃まで今のパソコンが持つのか?

      ケースバイケースでなんともいえませんが、もし少しかでも快適に持たせ
      たいのであれば、
      ・初期化する
      ・メモリの増設
      ・不要な常駐ソフト、サービスを取り除く
     などなど。
     しかし、これらは専門的知識と技術が必要ですね。
     持ち合わせてなければ、見切り発車的になるかもしれませんが、発売して
     すぐのウィンドウズ7を購入するのがいいと思います。
     5年も6年も前のXPマシンに修理やメモリ増設の費用をかけるのはちょっと
     もったいないと思います。


  2.どこのメーカーのパソコンを買うか?

      これもケースバイケースですが、僕のおススメはと聞かれれば「デル
      コンピュータです」とお答えします。
      理由はコストパフォーマンスに優れているからです。
      デスクトップ、ペンティアムCPU、メモリ3GB、ハードが250GB、
      モニタも19インチとか、それでいて値段が6万円以下です。
      そして何より大事なことは、いまもってXPマシンを買えることであり
      さらにウィンドウズ7へのアップグレードも混みの価格という事です!
      デルコンピュータにこのことを電話で確認してみましたが、
      購入時にビスタからXPにするダウングレードサービスを選んだ
      としても、ウィンドウズ7がリリースされた後、デルのサポート
      サイトにアクセスし、購入したマシンについているサポートタグ
      を入力して「ウィンドウズ7のCDを希望します」的な申し込み
      作業をすると郵送でウィンドウズ7のメディアが送られてくる
      ようです。
      XPからウィンドウズ7へのアップグレードはユーザー自身の作業
      となりますが、それでもウィンドウズ7のアップグレード権利が
      付いてそれで6万円なら絶対にお得だと思います。


  3.どこで買うか?
 
      これもケースバイケース、人それぞれでしょうが、僕のおススメは
      やはりデルコンピュータ、通信販売です。理由は安いからです。
      そしてもし今すぐに買い換えるならば、通販でなければ現状、XP
      マシンを店頭では買えないからという理由もあります。
      どう逆立ちして考えたって、ビスタマシンがいいと思えません。
      お急ぎでなければ、通販でなくても街の家電ショップでもよろしい
      かとおもいます。


  4.いま使っているソフトは使えるのか、データは使えるのか?
  
      ソフトはなんともいえませんが、おそらくXPで動いてた多くの
      ものは問題なく使えるかと思います。
      そのソフトがウィンドウズ7で使えれば、そのソフトで作成した
      データも使えます。

      そしてソフトはいまやオープンソースのものがとても増え、使い
      やすいので、パソコンを買い換えたからといってソフトも一式全て
      買い換える必要はほとんどないでしょう。
      ウィルスソフトは別ですが、ワードやエクセル、年賀状ソフトなど
      も、一昔前のバージョンのもののほうが軽くて使いますですし。
      ワード・エクセルに関して言えばバージョン2003で十分でしょう。
      もしくは無料の「Open office」で十分でしょう。
    写真・画像加工管理はGoogleのピクサ、ブラウザはFIREFOX
      辞書も地図もネットサービスでいいし。
  

  6.旧パソコンから新パソコンへのデータと環境移行をどうするか?
 
      苦労して楽しみながらご自分でやるのが良いですね。
      どうしても自信がない、時間がないという方はやはりそういう業者さんを
      探して頼んだほうがお手軽・安心ですね。
      旭川市内・近郊であれば僕がお手伝い致します。作業費は1.5~2.0万円
      位でしょうか。
      そして、誰が作業を行うにしろ、外付けのハードディスクを1台用意
      しておいたほうが作業的にもラクですし、データバックアップの面から
      考えても今後、安心便利です。外付けハードディスクはおよそ1万円位
      でしょうか。


  ウィンドウズ7はとても軽くて軽快と聞いています。
  僕は正直にいうと、今のXPマシンでも70%くらい満足しているので
  これ以上の機能や性能は大枚はたいてまでそれほど欲しいとは思いませんが
  それでもいまどきのソフト、たとえば「イラストレーターCS3」とかを使う
  と僕の今のパソコンでは遅く感じますので、今年から来年あたりに買い替え
  しようかなと考えています。
  ネットブックにウィンドウズ7を入れて使ってみたいと考えています。
  パソコンの買い替えを検討されている方は上記のことを参考にして頂ければ
  幸いです。
 
■これまでのPDFマニュアル
 以下、これまで作成したマニュアルです。

★☆彡「迷惑メール対策レポート」完成しています!★☆彡

  第1部 総ページ数27ページ
    ■1.迷惑メールはどこから来るのか? 
    ■2.迷惑メールの対策方法いろいろ
    ■3.Gmailを用いての迷惑メール対策


  第2部の目次 総ページ数38ページ
    ■4.収集されないメールアドレスの公開について 
    ■5.使い捨てメールアドレスについて
    ■6.Gmailのエイリアス機能について
    ■7.独自ドメイン・独自メールアドレスの取得
    ■8.和田的メールアドレスの使い分けについて

  第1~2部、合計65ページです!

★☆彡「リカバリ完全攻略レポート」完成しています!★☆彡

  第1部の目次 総ページ数44ページ
    ■1.パソコンの初期化・リカバリの必要性
    ■2.パソコンの初期化・リカバリの必要性
    ■3.データのバックアップ
  第2部の目次 総ページ数62ページ
    ■4.リカバリの実行
    ■5.リカバリ実行後の作業
    ■6.バックアップしたデータを戻す
  第3部の目次 総ページ数41ページ 
    ■7.リカバリ実行後のおススメ作業
    ■8.日常的バックアップのススメ
    ■9.和田的おススメフリーソフトおよびフリーソフトの扱い方

  第1~3部、合計144ページです!

  「迷惑メール対策」、「リカバリ完全攻略」PDFレポートをご希望の方は、
 このホームページ 問合せにてご連絡願います。
  各部とも3,000円(税込み〉です。3部全部で9,000円です。

  入金を確認次第、PDF形式でダウンロードまたはメールでお送り致します。
  このレポート内容について分らない点がある場合、メールや電話で
  サポートも致します。(お一人3回まで)
 
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇●気になったニュース●◇●

    1.本がやすく買えます!「バーゲンブック」
      http://www.bh-jinbocho.com/zkin/bhj_top

   2. ビジネスマンに役立つ情報集「やくダーツ!」ゲーム
     http://www.yakudarts.com/game/gamelist.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●◇●ひとり言●◇●
  
  歸国(きこく) 倉本聰監督作品

  先日、ラベンダーを観に富良野に行き「唯我独尊(ゆうがどくそん)」さんで
  パンを買ったときに倉本聰監督作品 演劇「歸国(きこく)」の事が載った
  小冊子を頂いた。以下、長いけど冒頭の出だし紹介文を抜粋でご紹介します。
  
 「俺があの海で最後に夢想し、その後の歳月もずっと夢見てきた日本の
  姿っていうのは、こういう残酷なものだったのかい。」

  「君ニアイタイ。話ガシタイ。二人デ音楽ノ話ガシタイ。戦争ガ終ワッタラ
  君ガ云ッタヨウニ、スグニ結婚シテ一緒ニナロウ。貧シクテイイカラ、人ニ
  気ガネセズ、音楽ノ話ヲシテ、子供ヲ作ッテ、静カニ暮ソウ。」



  「えっ?日本って、アメリカと戦争したの!?」
  渋谷の街角でのアンケートでコギャルがそう答えた。そんな若者が出現して
  いる今の日本。
  生まれた時からマクドナルドがあり、ピザがありチョコレートがありアイス
  クリームがあり。
  気に染まぬ食べ物は惜しげもなくゴミ箱に捨て、金さえあればコンビニで・・
  (途中略)
  一方で100年に1度の未曾有の不況である、どん底の時代だと騒ぎ立てる
   マスコミ。・・・(途中略)
  ・・・一人の老人のつぶやいた言葉が忘れられない。
  「どん底ってのはこんなものじゃねェよ」ちゃぶ台の前で一つ残ったふかし
  芋を誰が食うか、親兄弟で見つめたことがあるか?
  継ぎのあたった服を着ている奴が何人いる?
  何より、明日か明後日には自分が死ぬって考えたことのある人間がいるのか?
  (途中略)

  いつの頃から日本人はまだ食べられる物をいとも簡単に捨て、まだ着られる
  洋服を流行でないからと捨てるようになったのか。(途中略)
  果たして、有り余ったものを気軽に捨てる事は豊かなことなのか?
  そうすることで我々は幸せになったのか?
 
  先の大戦で亡くなった人の数は200万人を優に超えるという。平和を求め、
  ささやかな幸せを願って散って行った彼等が今の日本を見たら何を感じ、今の
  日本人を見たら何と言うのだろうか?
  
  この芝居はそんな問いを投げかけるものです。



  僕はこの文章を読んで「これはもう絶対に見に行かなければ!!」と一人
  興奮したのですが、開催が6/17~7/5までで既に終わっている。あららー。
  とても残念!どなたか観に行かれた方はいらっしゃいますか?
 
  僕はいま43歳で年を追うごとにこの手の戦争モノといいますか、昭和初期
  大正、明治の軍国大日本帝国が行ってきた、教科書にほとんど載っていない
  卑劣で歪んだ史実、戦争、侵略に関心を持つようになりました。
  何故、関心をもつのかは分かりませんが。何故だろう?
  「卑劣で歪んだ史実」と書きましたが、その当時は、その状況下では、ほと
  んど誰もが熱に浮かれたように数々の殺戮を行っちゃうしかなかったのかな。
  
  僕はそういう本や映画を観るたびに「もし僕がこの状況だったらどうして
  いただろう?」と想像します。結構、真剣に熟考します。イメージします。
  奥さんや子供もおいての出兵、戦地で仲間が死んでいく時、横暴な上官が
  いたとき、無謀な戦闘計画だったとき、敵陣を征服したとき・・・、そし
  て敵に打たれたとき、もしくは故郷にどうにか戻れたとき・・・。
  僕はその時々、どのように感じ、どのような行動を取るだろうか。
  10代の若く無知な時ならば周りに呑まれていたかもしれないけれど、
  20代30代だったどうだっただろう?
  人として正しい行動をとっただろうか?
 
  戦争を体験することはできないけれど、どんな事があっても戦争を起こさぬ
  よう、僕は少なくとも過去の史実を、戦争体験を、本や映画で知る事が
  できる。イメージする事ができる。戦争は恐ろしい。
  人と人とが無差別に殺しあうのだから。
  そして大事なのはこれからの日本だよね。我が祖国日本。北海道。旭川。
  うーん・・・。うーん・・・。
 
  話が大きすぎてまとまらないので中途半端なひとり言になりましたが
  今週はこの辺で。ではでは!
 
  ブログには富良野に行った際に写したラベンダーの写真を載せておきます。
  曇ってはいたけれど、広大な空と紫のラベンダー。
  やっぱり平和だよなー。平和ボケしちゃうよなー。こういう所ばかりにいると。
トラブル関連   2009/07/27   wada
このページの先頭へ戻る