旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

~本メルマガ、ゆく年くる年9th~

■~本メルマガ、ゆく年くる年9th~

  今年はVol.349~392、43号を配信いたしました。
  ちなみに08年は42号、07年は41号、06年は31号、05年は43号
 配信しています。
  月曜日が祝日のときはお休みしています。今年は月曜日を含めた
  連休が多いような気がしていましたが、当メルマガの配信数を
  みると例年と大差ありませんね。
  月曜が祝日以外の週は年間42~43週あるんですね。

■今年の配信履歴《パソコンサポートコラム》
  Vol.349~351	01/05~01/26  パソコンを使った英語学習5~6
  Vol.353~357  02/09~03/09  パソコンで健康管理、ダイエット法1~3
  Vol.359~363 03/30~04/27  データの共有1~3
  Vol.365~373 05/18~07/13  5万円ノートパソコン1~5
  Vol.375~377 08/03~08/24  USBメモリファイル管理術1~2
  Vol.379~381 09/07~09/28  ワンセグチューナー1~4
  Vol.382~385 10/05~11/02  検索テクニック1~4
  Vol.386~388 11/09~11/30  パソコンで読む読書1~3
  Vol.389	12/07    0円簡単!年賀状デザイン
  Vol.390~391 12/14~12/21  海外旅行・ネット活用術1~2
 
  今年のテーマ選びは僕も関心のある分野を取り上げました。
  春に「5万円ノートパソコン」を購入したのをきっかけに、事務所の
  パソコンとのデータ共有のやり方とかUSBメモリの使い方やワンセグ
  チューナーについて、などなど。
  「パソコンで読む読書」も完全に僕の趣味が高じて研究した
  テーマです。どうすれば「音」で読書できるか、ジョギングしながら
  読書をしたい!という僕のニーズから研究をしました。

  僕が考えている事、パソコンへのニーズや悩みはおそらく多くの人も
  抱えているものだと思うんです。
  ですから、僕が使いたいパソコンの使い方や使ってみた周辺機器やソフト
  、やり方などをこれからもお知らせしていきたいと思っています。
  その事により少しかでも皆さんのパソコンライフを楽しく便利になる
  ことがあれば幸いです。


■今年の配信履歴《パソコン活用法PDFダウンロード》 

  昨年は2つのPDFレポートを完成させたものの、今年は途中でバテて
  しまい、「データの完全バックアップ」が中途半端に終わってしまい
  ました。大変申し訳ありません!

  レポートを書こう、がんばろう!と毎週思うのですが、夏前に本業以外
  の雑多な用で心底疲れてしまい、ズルズルと書かず仕舞いになってしま
  いました。

  レポートを書かなかった原因のひとつに「パソコン操作を文字や絵や
  画面のハードコピーで説明」するのは“かなり厳しい”時代になって
  きたと思うからです。
  活用のヒントを伝えるなら、メルマガでも全然OKですが、こまかな
  操作方法となると文字や写真だけの静止画では辛い、分かり辛い。

  そこで最近、僕の操作手順をすべて動画に残すやり方を研究しはじめ
  ました。操作方法を動画として残せるのです。音声も付けられます。
  このやり方をもっと研究して、皆さんにもご紹介したいと考えて
  います。
  もう少々お待ち願います!



■来年の配信予定
 漠然とですが、次のような内容のものを配信しようかと考えています。
  ・Windows7への乗換え・完全移行
  ・twitter(ツイッター)のはじめ方
  ・お気に入りの整理・複数台での活用法
  ・OutlookExpressからGmailへの完全移行
  ・Skype(スカイプ)活用術
  ・プレゼンテーションツールをいかに楽して使いこなすか
  ・ブログ+動画サイトの組み合わせ
  ・コミュニティサイトの活用法


  
  上のどれもがいま、僕が関心のあるテーマです。
  トラブル関係はもう千差万別なので、メルマガのテーマとしては相応
  しくなく、やはりサービスやソフトの使い方がメインになりますね。
  Windows7への移行は、来年あたりかなりの人が取り組むようになる
  かなとにらんでいます。
  僕もそうですけれど、もしそれなりの性能のマシンを持っているならば
  たとえばCドライブにXPを入れて、Dドライブに7、データは外付け
  ハードディスクに入れて、通常の業務はXPで行いつつ、周辺機器やソフト
  などを7で検証して、徐々に7に慣れ、7でいけると思った段階で7に
  完全移行する。7をメインにしてXPを消しデータディスクにする。
  そんな方法で7に移行していきたいと思っています。

  最後のコミュニティサイトの活用法って、具体的にはmixiのことなんで
  すが、mixiでは本当にさまざまなコミュニティがあって、たとえば出身
  校や出身地や趣味、ほかもろもろの同好会というか同窓会というか、
  ちょっと怖いけど面倒くさそうだけど、そういうところにちょっと顔を
  だすと日本中にいろいろな知り合いが増えるかな、とちょっと楽しみに
  しています。
  共通の趣味とかを持つもの同士が出会えば、そりゃあおもしろいだろう
  なと思うのです。
  いや、面白いんです!
  いま現在でも僕と同じバイクを持つコミュニティだけには参加して
  いて、そこではかなり突っ込んだ(マトを絞った)ピンポイントの
  会話をネットを介して楽しんでいます。活用しています。
  そういうピンポイントのコミュニティを見つけて、知恵や人脈など
  を広げたいなと。たとえばカレイ釣りビギナーのコミュとかね。

  ほか、なにか取り上げて欲しいテーマがあれば和田までお知らせ
  願います。(support@d-wiz.com  @は半角にしてください)
 

■2010年の和田的パソコン状況の推察

  1.ウィンドウズ7に買い替え、移行する人が50%
  
   新しい基本ソフト「ウィンドウズ7」が発売されて2ヶ月。
   そのシェアはまだまだ低いですが、パソコン通の人の中ではぼち
   ほち7を使う人が増えてきています。
   7は「軽い・軽快」というウワサで、実際僕が使ってみましたが
   やはり軽い・軽快です。

   一方で4,5年前やそれ以上古く重いパソコンを使っている人はかなり
   多いと思います。その遅さ重さに「慣れ」ちゃって、こんなもの
   かなと思っていると思いますが、それでもウィルスソフトを新しい
   ものに更新するたびに、年賀状ソフトや新しいプリンタなどを入れ
   替える度にますます遅く、重くなっていき、いつしか「遅さ」の
   限界点を迎えて 「もうそろそろパソコンを新しくするか」と考え
   ているユーザーさん が1/3くらい、いるのではと思います。
   あとは企業さんですね。
   景気がよくないので、そうホイホイと設備投資もできないけれど
   上記のような理由で、突然パソコンが動かなくなる!ケースは当然
   企業さんのパソコンにもあるわけですから。

   そんな訳で2010年のパソコン動向の1つとして「7への移行」に
   よる諸々のニーズ・シーズはでてくるだろうなと読んでいます。

  2.パソコンにもデフレの浪が?
  
   たとえばジーンズが690円で買えるような、そんなデフレはパソコン
   には起きないと思います。既にパソコンのハードは限界まで値を
   下げていますから。
   とはいえデルコンピュータ然り、近年のネットブック然り、新しい
   形態で新しい価値観を持たせた、激安の商品やサービスはきっと
   なんらかの形で市場に投入されるかなーと思います。

   一方、ソフト面のものはデフレというか、無料・0円に限りなく近く
   なっていくでしょう。来年にいきなり0円になるわけではないけれど
   近い将来、ソフト面、たとえばデジタルコンテンツ(デザインとか)
   デジタルなモノでコピーができるものは、どんどんと価格を下げて
   いくでしょう。
   僕のようなPCサポート業とかもその傾向にあると思います。

  3.携帯電話、モバイル
 
   いまでも若い世代や女性を中心にそうですが、メールもネットショ
   ッピングもブラウザ検索も、パソコンではなく携帯電話で用を済ま
   せていますが、来年は携帯電話版のブラウザやOSの開発がかなり
   進んできていますので、ますます高速化し快適になるでしょう。
   その結果、難しいパソコンではなく、手軽な携帯を利用する人が
   増えてくるでしょう。

  4.ウィンドウズ帝国の崩壊?

   これまでパソコンのOSのシェアは圧倒的にマイクロソフト社の
   ウィンドウズでしたが、そろそろそのウィンドウズ帝国に崩壊の
   兆しが出てくるだろうとにらんでいます。
   その傾向的な例として部分的にではありますが、ブラウザソフトを
   IEからFirefoxに変えている人が増えてきたり、ワードやエクセル
   ではなく無料のオフィススフと「Openoffice」を使う人が増えて
   きたり、マックとウィンドウズをデュアルブートで使ったり。
   僕はどう考えても、あの使いづらいワード2007(office2007)や
   2010が市場の標準デファクトスタンダードになるとは思えない。
   マイクロソフト以外のベンダーがもっと使いやすい便利なソフト
   やOSを開発してくれる事を大きく期待したいし、世の中のニーズ
   として、それはすごく高いはずだから良い者が市場に出回れば
   一気にそちらに流れるだろうなと思っています。願っています。

    
  2009年の和田的パソコン状況の推察でした。




■◇■まとめ■◇■
  土曜日の午後2時ごろ、僕が日頃大変お世話になっている方の
  訃報の知らせが入りました。いきなりだったのですごく驚き
  ました。
  女性の方で僕の母親とほぼ同年代、僕をできの悪い息子のように
  可愛がってくれた人です。

  お通夜は今日の夜なのですが、公私共々大変お世話になった方
  ですし僕は大急ぎで仕事を片付け、その方のご自宅に伺いました。
  時間は夜6時過ぎです。

  数珠を持って駆けつけ、喪主であるご主人さんにお悔やみの挨拶を
  して、お線香をあげお参りしました。お顔も拝見させて頂きました。
  ついこのあいだまでお元気だったのに・・・。僕は木曜日にこの
  方宛に手紙を書いたばかりだったし、9月末にも電話で長話をして
  います。
  いまもこの文章を書きながらその時のことを思い出していますが、
  まるで夢を見ているような錯覚を覚えます。話し声や映像がまるで
  スローモーションのように頭の中に蘇ってきます。

  こういう日は身内だけで過ごすものでしょうから、僕はお参りを
  してすぐに帰ろうとした時にお寿司の出前が届きました。
  ご主人さんが「まあ、1つつまんでいけ、悲しく旅立たせるのでは
  なくみんなで楽しく見送ってあげたいんだ」とおっしゃいます。
  「今日はパァーとやろうよ!」とおっしゃいます。
  寂しさを追い払うように努めて陽気に振舞っているのでしょう。
  確かに故人も明るい方でした。暗いジメジメした旅立ちは望まない
  でしょう。

  身内以外の僕がそこに居座ることは迷惑な事、あつかましい事では
  ないか、早く立ち去ろうとそう思いましたが、その場の雰囲気といい
  ますか、ご主人さんや故人の思いを察すると「まあそんなに急いで
  帰るんでない。少しお酒に付き合ってあげてよ」と、そんな声が
  聞こえてきそうで、これも運命なのかなと思い、僕はしばらくその
  場に残りお酒を頂きました。
  僕が単なる酒好きなのかもしれませんが、でもきっとこういうのも
  “めぐり合わせ”がなせる業ではないかと思います。
  故人がよく「私は運命論者なのよ」といっていたのを覚えています。
 

  僕はもうすぐ44歳になります。近年、出席する回数は結婚式より
  も葬式の方が多くなってきました。これからもますます増えるで
  しょう。
  僕はこの先、幾多の別れ・死別を乗り越えていけるのだろうか?
  耐えられそうにありません。が、耐えていくしかないのでしょう。
  「終わりは始まり」「さよならから始まる何かがある」というのなら
  僕の中で何かが生まれ、誰かと出会い、何かが始まるのだろうか?
  正直、いまの僕にはそんな元気も希望もないかな。
  水が一滴も入っていないカラカラのダムみたい。


  おそらく僕は疲れているのだろうと思う。
  もしくは怠け癖がついたのだろうと思う。
  いずれにしろ、いまの僕を変えていかなきゃならない時期に来て
  いると思う。
  あまり暗い話ばかりしたくはないけれど、どう考えてもこんご数年
  間は経済的に厳しい時代になるだろうから、これまでどおりのやり方
  では間違えなく行き詰ってしまいます。

  何かを変えなきゃ。

  何をどう変えるか、まだ構想は浮かんでいません。
  正月休みのあいだ、いろいろと考えて1月中に新しい試みをスタート
  できるよう準備を進めたいと思います。
  こういう気持ち、これまでもずっと思っていたことだけど、でも
  僕がいまこのようにメルマガでといえども、“宣言している”という
  ことは、なにかの流れ、運命なのかなとも思います。
  今年はこの辺で。楽しいお正月を!ではでは。 

  

  ブログには、2006年の夏にうえの故人の方と一緒にいった北海道
  北竜町のひまわり畑を写した写真をご紹介します。
  暑い夏の日だった。真っ青の空にひまわりの黄色が映えます。

━━現在のメルマガ読者数━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本メルマガの現在の読者登録数です。 
  まぐまぐ        1,764名
  melma!       1,203名      合計:2,967名 前回より0名増減

 2008/12/26時                 合計:3,146名 本年増減-179名減

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゆく年くる年   2009/12/28   wada
このページの先頭へ戻る