旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

twitter(ツイッター)6

twitter(ツイッター)6~
  
 ツイッター6回目。
  前回もツイッターでフォローする人を増やす方法、テクニックに
  ついてお知らせしました。
  具体的には、自動で7人のフォローを増やす「follow7」や趣味趣向
  の合う人を検索するサービス「meyou.jp」、そしてフォロー・フォ
  ロワー管理の「Your Twitter Karma」についてご紹介しました。

  今週も引き続きフォローする人を増やす方法についてご紹介する
  予定でしたが、その前にもっと大事な事、ツイッター専用のソフト
  についてお知らせします。

■ツイッター専用ソフトを使うわけ
 ツイッターを公式サイトだけでツイート(つぶやき)したり、ながめ
  ていても、機能が貧弱で使いづらいと思うときがきます。  
  ツイッターに慣れていない初心者は、「何が使いづらいの?」とよく
  分からないかもしれませんが、便利な専用ソフトを使い始めると
  「ああ、なるほどね、そういうことだったんだ」と理解されると思い
  ます。

  公式サイトだけではまず、いろんな人つぶやきがグループわけもさ
  れず入り乱れてしまい、読みにくいです。
  専用ソフトはフォローしているユーザをジャンルごとにカラムに分け
  られます。フォローしているユーザ数が多くなってくるとその必要性
  は高まります。
  
  専用ソフトをインストールして使う段階に進めるかどうかが、ツイッター
  を楽しめるかどうかの分かれ道といっても過言ではありません。
  だまされたと思って専用ソフトを使ってみましょう。


■ツイッター専用ソフト「TweetDeck」 http://www.tweetdeck.com/
 僕も使っています。
 英語のソフトなのでちょっと面食らうかと思いますが、以下に簡単に
 インスト方法や使い方をご紹介します。

  1.インストール
  「TweetDeck」 http://www.tweetdeck.com/にアクセスし、画面
  右の「download」をクリック。「Adobe AIRというソフトを同時に 
  インストしますか?」とメッセージが出ますので「はい」をクリック。
  しばらく待つと続いて「TweetDeckをインストしますか?」「はい」
  「続行」→「同意」 インスト完了。Tweetにもアカウントを作って
  登録しておきましょう。

  2.設定。
  インストールが終わると自動でTweetDeckが起動。Twitterの
  ユーザーネーム(username)とパスワードを入力しログイン。
 
    画面右上にある[Settings]ボタンを押して設定ダイアログを開き
    ます。スパナのボタンです。
    このソフトは初期状態では日本語を表示できないので、[Colors/Fonts]
    タブを選んで“International Font / TwitterKey”のチェックをONに
    し、日本語を表示できるようにしておきましょう。
   初期状態では日本語が表示できないので、[Colors/Fonts]の設定は特に
    重要です。
    動画マニュアル 
     http://www.dougamanual.com/blog/180/1036/e4689.html

  3.グループ分け
    慣れるまでちょっと面倒だけど、これをやらないとどうにも
    TweetDeckを使う意味がない。表記が英語だけどがんばって設定
    しましょう。
    ・画面右上の「+」のボタン。「Add Colum」をクリック
    ・「Group/List」を選択し「NewList」をクリック。
    ・作りたいグループ名 or リスト名を入力します(英語のみ)。
    ・その下のグループの説明は日本語でOK
    ・Add group menberのボタンをクリック
    ・そのグループに入れたい人を選ぶ
    ・最後に「Complete go and~」のボタンをクリック

    僕は見やすいように作ったコラムの下にある←ボタンをクリック
    して左側に移動して見やすいようにしています。
    僕が作ったコラムは
    ・仕事関係
    ・有名人
    ・メディア
    ・コンピュータ関係
    ・友達
    こんなところか。

    このソフトは常駐するので、僕がフォローしているだれかがツイート
    すると画面右上に約3秒位かな、小窓でそのツイートが表示されます。
    頻繁に出るとうるさいような気がしますが、いまはまだそのままにして
    います。


■その他のツイッター専用ソフト
  「Buzzbird」 http://software.re-source.jp/product/10441283/
  「Canary」	http://software.re-source.jp/product/10441286/
  「MiniTwitter」	http://software.re-source.jp/product/10443552/
  「Tween」	http://software.re-source.jp/product/10438485/

  Tweenだけが国産、日本語です。


■まとめ
  今週は予定を変えて、ツイッター専用ソフトについて取り上げてみま
  した。そして僕も使い始めてみました。Tweet Deckを。
 
  うん、なるほどね。「初心者はだまされたと思ってつかってみて」
  とフジマーさんも言っていますが、なるほどねー、これはいいです。

  ツイッター公式サイトだけでやっていると、タイムラインが一列しか
  なくて、どんどんといろいろな人が発現していって古いツイートはど
  んどんと下に流されていく。
  それになんでもそうだけど、情報はやはり分類を整理して管理とい
  うか把握していきたい。
  公式ツイッターだったら、情報が何でもかんでもテンコ盛りというか
  たとえて言うなら経済新聞を読んでいて次のページをめくると料理、
  その次は海洋学、次は他人のどうでも良い投稿欄、次も読むに値しない
  投稿欄、で次が友人のつぶやき・・・みたいにごちゃごちゃしすぎ
  てただただ上から下へ流れていきます。
 
  ツイッター初心者の方は早いうちからこういう専用ソフトを使い始
  めることをお奨めします。
  うえの設定をすれば日本語も使えるようになるけど、設定は全部英語
  表記なので、ちょっとなれないと厳しいかもしれないけれど、まあ
  カンで設定を進めていきましょう。
  
  次回もツイッターを使うコツやツールなどをお知らせしたいと思います。
  乞うご期待!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●◇●気になったニュース●◇●

  1.これは面白い!ドラマ「不毛地帯」
   http://tv.yahoo.co.jp/tv_show/cx/fumouchitai/index.html
     http://www.fujitv.co.jp/fumouchitai/index.html

    
  2.へぇー、昔のドラマが1本105円~!「フジテレビ On Demand」
    http://www.showtime.jp/tv/fujitv_od/
    http://www.nl.fujitvondemand.jp/showtime/contents/0144/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●◇●ひとり言●◇●
  
 その昔、サラリーマンだった頃

  先日、ふとグーグルマップにまたハマってしまい、昔、勤めていた東京
  赤坂の会社付近や当時住んでいた川崎大師あたりをグーグルマップで
  くまなく見入りました。
  人間の脳って素晴らしいもので、当時の記憶がまるで泉のように沸き
  あがってきました。自分で驚くほどに、細かな事やどうでもいい事まで
  も。あれは楽しい!グーグルマップ最高!http://www.google.co.jp/maps
  
  赤坂の「テクノロジートランスファー研究所」という会社にぼくは22歳
  から26歳の夏までいました。1988年から1992年。バブル全盛期。
  社名のとおり技術移転を研究する会社で、具体的には海外への技術
  調査旅行の企画・営業と海外からの技術調査団の迎え入れ。海外に支店が
  ニューヨーク、ロサンゼルス、パリにあった。
 
  簡単に平たく言えば、もっともらしく「技術調査」という内容で調査の
  団長さん=コーディネーターを探し、訪問先を見つけ、参加者を集め
  海外へ旅行に行く、その企画と営業をする、ぞんな会社です。
  当時はバブリーな時代でもあったし、日本人はもともと海外の進んだ
  技術を取り入れて(真似て、アレンジして)るのが得意だし、好きだし
  その分野で超有名な先生を団長さんに担ぎ上げれば「おお、あの先生が
  行くなら我が社も一人参加させるか」みたいな感じでお客さんも集まる。
  集客のポイントは潤っている業種の、時代に沿った最先端のテーマ選び、
  団長さん選びが大事、そういう分野に如何に人脈をつかんでいる事、で
  した。

 
  そうそう毎朝、朝礼があって一人ずつ英語で3分間スピーチってのも
  あって、あれはシンドかった。3カ月に1度くらいで順番がまわって
  くる。何を話したんだろう?ひどい英語スピーチだったろうなぁ。
  毎週月曜朝は配属されたグループごとに営業や企画の目標数とその結果
  を発表して、達成できなかったときはグループ全員で前に出て「やり
  ます!頑張ります!達成します!」と大声でシャウト。そして未達成
  の罰として土曜日に強制出社が義務付けられていた。まるで軍隊みたい。


  サラリーマン、上司がいて部下がいて、会社のいろいろなどうしよう
  もない理不尽があって、いじめや締め付けや人間関係に傷つき悩まされ
  それでも会社の看板があって月々に決まった固定給もある安定した生活。
  僕が赤坂でサラリーマンをやっていた頃はバブル全盛期だったから、
  チャンスはごろごろ転がっていた。かな。自分の気力とアイデア次第で
  簡単に稼げた時代。会社の看板を使えばかなりの確立でいろいろな人に
  会えた。かな。

  あの時代に戻ることはもちろんできないけれど、でも少なくとも
  赤坂に行く事はできる。
  行って何するわけでもないけれど、もう1度赤坂に行って昔の同僚
  や上司と赤坂で一杯飲みたいな。バイクとか自転車で東京をじっくり
  ゆっくり走ってみたいな。当時のあの頃と全然変わっちゃっている
  だろうな。でもそこここに思い出の引き出しがあって、きっと僕の
  脳はフル回転でいろいろな記憶を蘇らすだろうな。
 
  過去にしがみつくこういう癖を断ち切らないと次のステージにジャ
  ンプできないのは分かっているのだけど、過去という重い鎖を腰に
  じゃらじゃらとぶら下げながら僕は生きているような気がします。
  おろかな事、めそめそしい事とは分かっているのだけどさ。
  ああ、赤坂、赤坂見附、サントリーバー、TBS、乱立する高層ビル、
  スーツ、ビジネス街、そしてきらめくネオン、待っていてくれ赤坂。
  僕のサラリーマン時代。それは僕の青春だったんだ・・・。

  今週はこの辺で。


  ブログには先日、我が家に遊びに来たポメラニアン兄弟の写真を
  あげておきます。
  茶の方がレオ、白がレイ、両方とも2歳くらいかな。
  遊びで太いまゆげを貼ってあります。まぬけ顔。微笑ましい。
WEBサービス   2010/03/01   wada
このページの先頭へ戻る