旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

twitter(ツイッター)8

twitter(ツイッター)8~
  
 ツイッター8回目。今回が最終回です。
  前回は自己紹介文やツイッターに簡単に画像をアップするサービス
  「Twitpic」、ハッシュタグ「#」の使い方についてお知らせしました。

  僕はフォローするしないでまず見るのは自己紹介文です。たぶん
  多くの人がそうだと思います。単語の羅列でいいので、文字数(140字)
  びっしり書いておきましょう。
  画像のアップは携帯電話でツイッターをしている場合に特に有効ですね。

  今週もツイッターのもうちょっと突っ込んだ使い方、携帯電話での
  ツイッターをする場合と、フォローしている人へのメッセージの送り方
  などをお知らせします。


■携帯電話でツイッターを使う
 ツイッターはパソコンの前にいつもいて、すぐにツイート(つぶやく)
  できるなら良いのですが、日常においてパソコンの前にいる時間が限ら
  れている人がほとんどです。
  ツイッターはその時々の、リアルタイムなつぶやきですから、携帯電話
  で行うのが理想ですね。
 
  そして昨年11月から公式ツイッターサイトも携帯電話からのアクセスが
  可能になりました。携帯電話からツイッターを楽しめます。
  公式携帯サイト http://twtr.jp/  

  公式サイトがスタートする以前から、以下のサービスで携帯ツイッターは
  楽しめます。専用サイトです。
 
  ・モバイッター  http://www.movatwi.jp/ 別名もばつい
    携帯電話から閲覧・投稿できるウェブサービス。OAuth認証対応。
     メールで画像の投稿が可能。広告あり

  ・Movater  http://movatter.jp/
   携帯電話用ウェブサービス。ベータテスト中。現在は新規ログインを
     休止している。Oauth認証。リストの新規作成ができない。
     画像の投稿ができない。広告あり。

 ・ぽちったー http://elazyrest.net/pochitt/
   携帯Flashで、閲覧・投稿が可能。メールで画像の投稿が可能。
     広告あり。

  ・yubitter  http://yubitter.com/
     iPhoneとか持ってない方のための4キャリア対応携帯向けサービス。
     OAuth認証。メールで画像の投稿が可能。広告なし。

  iPhone用アプリ 
  ・TweetDecK for iPhone Apple Storeで「TweetDecK」で検索 無料
    PC版のTweetDecK同様、カテゴリ分けできるタイムラインで表示。

  ・TweetMic   Apple Storeで「TweetMic」で検索 115円
     iPhone で録音して Twitter にすぐに投稿できる 


■DM ダイレクトメッセージ
  本人のみにこっそり伝えたい場合はD(DirectMessage)を使います。
  相手の設定次第ですが、DirectMessageの場合はメールでの通知も
  行われます。また、誰のタイムラインにも表示されません。
  
  イメージは、相手に送る、誰にも見せたくない秘密のお手紙。
  個人的なメッセージ、連絡のやり取りに使えます。
  送信先ユーザーにフォローされている状態でないと送信できません。
 

■返信 リプライ@Reply 相手のIDツイッター版チャット?
  ツイートした人への「返信」です。
  誰かの(フォローしている人のタイムライン上にあるツイート(つぶやき)
  の右下にある(ツイッター公式サイトを利用している場合では)「返信」
  ボタンをクリックすると、画面上部の「いまどうしてる?」のボックスに
  「 @ユーザー名 」と自動で入力されて、そのあとに返信内容を記述で
  きるようになります。

  ツイートの先頭に「 @ユーザー名」をつけることで特定の人に返事を
  することができます。

 リプライとして投稿したつぶやきは、通常のつぶやき同様、自分の
  フォロワーのタイムライン上にも載るが、「@相手のID」をどこに書く
  かによって掲載範囲が変わることに注意が必要です。
  「@相手のID」を文頭に書いた場合は、自分のフォロワーのうち、
  リプライ相手もフォローしているユーザーのTLのみに掲載。
  文中に書いた場合は、通常のつぶやき同様、自分のフォロワー全員の
  TLに載ります。

  フォロワーみんなにも見せたいリプライなら、@の前にピリオドを付けて
  「.@相手のID」と書くことでフォロワー全員のTLに載せるといった
  使い分けができますが、まずは慣れるまでリプライ相手だけが見てくれ
  ればいい内輪的な内容を送る事に専念し、「@相手のID」を書き(ボタンを
  クリックすれば自動記入されます)、そのあとにコメントを書きましょう。
 
■RTを積極的に使う
 RT機能とは、 「この人のこのつぶやき、面白いな!もっと広げたいな
  っていう時には、つぶやきの転載「ReTweet」(RT)で、自分のフォロワー
  にそのつぶやきを広めるときにつかいます。
  「RT」やと冒頭に書くことで「このつぶやきは転載ですよ」と宣言
  します。
  「@」を付きで書くことでRTされたことが発言主に転載した事が
  伝わります。

  RT書式は以下のとおりです。

  コメント_RT_@ユーザーID_引用文  
  (_は半角スペースです。RTも@ももちろん半角です。)
 

■まとめ
  皆さんのまわりでツイッターを始めている人はどのくらいいますか?
  ツイッター人口は急激に増えていると報道されていますが、実際には
  都会の一部の業種の人や若い人を中心に利用者が増えているだけで、
  地方の人はツイッターと聞いても「ああツイッターね、ネットでつぶ
  やくんでしょ」ぐらいで、実際にやっている人は10人に1人もいない
  と思います。今のところ。
 
  では、今後どうなのか?
  僕もまだ始めたばかりで偉そうに言えませんが、ツイッターの面白さを
  掴むまでややしばらく時間がかかりますね。時間と労力をツイッターに
  投資しなければなりません。使い方も分かるまで慣れが必要。
 
  だけれども、いま現在まちかどで人間ウォッチをすると老いも若きも
  男性も女性も、非常に多くの人が携帯片手にパチパチやっている。
  日本人は携帯で、文字で、ひそかにコミュニケーションをするのが
  好きな人種ではないかと思います。
  だからツイッターも徐々に、徐々に利用者を増やし、今年の暮れあたり
  には名刺や企業パンフとかにツイッターIDを載せたり、広告や宣伝に
  使ったりするんじゃあないかと思います。
  
  じゃあツイッターの何がそんなに面白いのかというのを和田個人的に
  感じているところをお話しますと、
   1.情報がすごく新鮮(朝日新聞とか価格.comのツイッターなど)
   2.知人友人の“いま”が分かる。何を考えてるか分かる。
   3.同様に自分のいまを考え感情を知人友人に告知できる。
   4.リアルタイム検索エンジン 強力な生の情報源

  4番のリアルタイム検索エンジンとは、フォロワーが増えてくると
  それも僕と同じ趣味趣向を持つフォロワーが増えてくると、僕の
  疑問・問いかけをツイッターで告げると、あっという間にたくさんの
  フォロワーから返事がもらえる。的確な答え解答がもらえる。
  これって凄い事だと思いませんか?
 
  なんて偉そうに言ってますが、僕はまだ一度しかこういう経験が
  ありません。
  昨年の札幌マラソンの前にツイッターで「会場近くに駐車場ある?」
  って問いかけたら「あそことあそこにあるよ」って教えてくれて。
  感動しました。

  読む価値のあるつぶやきは少ないかもしれない。
  でもそれは有益な人を如何に見つけ、フォローしていくかにより
  ますし、逆に自分も有益なつぶやきを多く発していく事が大事なの
  ではないかと今は僕はそう思います。
  ツイッターは本来、もっと気軽につぶやくものなのでしょうけれど
  性格的に堅いのかな、どう考えたって「いま起きた」「おやすみ」
  などの報告的つぶやきはどうでしょうねぇ。
  人それぞれか。

  ツイッターについてはまた時機を見て取り上げたいと思います。


  次回からは新企画、「データの整理」についてお知らせしたいと思います。
  たまりにたまったごちゃごちゃしている[お気に入り]をどうやったら効率
  的に整理できるか、マイドキュメントのなか、メールの整理法など。
  和田個人的やり方もありますが、パソコンは使えば使うほどデータの整理
  がすごく大変だけどすごく大切です。
  パソコンを買い換える前に、買い換えるときにも知っておいて損はありません。
  乞うご期待!(来週は旗日のため、お休みいたします)
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●◇●気になったニュース●◇●

  1.面白ソフト、音声読み上げソフト「棒読みちゃん」
  http://chi.usamimi.info/Program/Application/BouyomiChan/
   http://iziz.blog.shinobi.jp/Entry/198/
  
  2.プロジェクト開発などのスケジュール管理「開発マイルストーン 」
   http://www.vector.co.jp/soft/win95/personal/se424886.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●◇●ひとり言●◇●
  
 「己事究明」 座禅

  3~4年くらい前からだったと思いますが、月に一度平日の夜6時半から
  1時間、近所のお寺で行われている「座禅の会」に時々参加しています。
  きっかけは父が眠る納骨堂に座禅の会のポスターを見て、「面白そう!」
  と単純な好奇心からです。
  心を無にするというのはどういうことなのか、無にするとどうなるのか
  本当に無になれるのか、などなど自分で実際に体験したいと思いました。
  めまぐるしく変わる状況・情勢や人付き合いに疲れて、そんな世界から
  少しかでも離れて日常から離れたかったのかもしれません。

  控え室にて腕時計を外し携帯電話ももちろん置いて、靴下を脱ぎ裸足に
  なって座禅室に入ります。
  座禅室の大きさは30畳ぐらいかな、薄暗くお香のにおいがし、全くも
  って無音、厳粛な雰囲気です。
  そうそう座禅室に入る前に座布(ざぶ)という座禅用の座布団を手渡せ
  られます。
  部屋に入ると右回りに部屋を一周します。静かにゆっくりゆっくり歩を
  進めていきます。1歩進んで5秒くらい間をおいてまた一歩。もの凄く
  遅くゆっくりと。
  そうやって日常のせわしなさから少しづつ離脱し座禅に入るウォーミング
  アップをしていきます。

  座るのは壁に向かって座ります。そして目を閉じて座禅するのではなく
  うすく目を開けて僕は座禅を始めます(正式にはどうかは分かりませんが)
  あたりはまったくの無音。時々ほかの人の息遣いが聞こえる場合もある。
  くしゃみや堰をされるとビックリします。
  お坊さんがあの肩をバシッとたたく板みたいなのを持って、周回します。
  そのときの素足と畳みのすれる音だけが聞こえます。
  僕の後ろで止まるとビクビクします。叩かれるのではないかと。
  「いかんいかん、心を無にしなければ!」と思うのですが、到底は無理
  です。

  心を無に、と思っても、実にさまざまな記憶なり発想なり思いが浮かんで
  は消えていきます。静かに寄せては返す小波のように思考が打ち寄せて
  きます。その振幅をなるべく小さく落ち着かせていこうと努めます。
  薄く開けた視界から目の前にある板壁の木目に神経を集中させ、呼吸を
  ゆっくりゆっくり・・・。

  そんな感じで座禅を30分の2セット続けます。
  心を無になったのかどうかは分かりません。たぶん無にはできていない
  ような気がします、僕は。
  「己事究明」。とても格好良く言うとそういう事ではないかと思います。
  ひと時でも日常・俗世を離れ、自分自身の内側を旅する。心をニュート
  ラルにする。
  そうすると不思議とそれまで頂いていた焦りや不安や怒りや苛立ちが
  薄れ、とても落ち着いた気分になります。疲れた心に不思議とまたやる気
  が蘇ってきます。
 

  世の中には実にさまざまな宗教があり、宗教ビジネスがあり、人それ
  ぞれ好みや合う会わない、先祖代々の流れがあるかと思いますが、
  座禅そのものは宗教信教にとらわれずに出来ると思いますので、ぜひ
  1度お近くの座禅会に参加されてはいかがでしょうか。
  禅ってたぶん何千年と続く自らを高めるというか浄化したり気づかせ
  たり昇華したりする行為の1つでしょう。
  せわしなく目まぐるしい現代に暮らす我々が本来の自分に戻れる
  気づかせてくれる、そんな貴重の時間を座禅する事により作れる
  と思います。“時間”は“作らなきゃ”ね。

  今週はこの辺で。来週は旗日のため、お休みいたします


  ブログには昨日旭川で開催された「第30回バーサー大会」の写真を
  あげておきます。
  今年も歩くスキー5キロにエントリー、最後尾からスタート。
  たった5キロといえども真っ白な雪原のなかを歩く滑るのは気持ちが
  いい。
WEBサービス   2010/03/15   wada
このページの先頭へ戻る