旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

Windows7への移行12

Windows7への移行12~
  
 パソコンの買換え、ウィンドウズXPからウィンドウズ7に買換えする
  場合について連載しています。12回目。
  もうそろそろ飽きてきたかもしれませんが、これから7にする人も
  既にされた人も、これからは使い勝手を浴するツールやカスタマイズ
  をご紹介していきますので、参考になるかと思います。


  前回は「7のカスタマイズ」をお知らせしました。
  7はもともとが軽いので、XPやビスタみたいにいろいろなところを
  いじって軽くする必要性は僕は感じていません。
  なので特筆するカスタマイズというのはあまり多くなく(僕の勉強
  不足かもしれませんが)、先週お伝えした程度になりました。

  もちろんスクリーンセイバーとか省電力設定とか、壁紙やサウンド
  などの一般的なカスタマイズはもちろんあります。
  その類いのカスタマイズはXPと比べると、個人的にはかなり格好
  良くなっているなと満足しています。
  そういうのをカスタマイズしていると、とても楽しいです!

  今週は「7のXPモード」をお知らせします。


■「ウィンドウズ7への移行」特集 目次予定
  0.ウィンドウズ7の紹介
   ・7の特徴
   ・7のエディッション
   ・32ビット版と64ビット版
   ・7のメリット・デメリット
  1.移行前の確認
  2.7への移行手順
  3.Windows転送ツールの紹介
  4.メールの移行
  5.XPと7のデュアルブート
   ・1つのHDDでパーティションを分ける場合
   ・2つのHDDを使う場合
  6.7で使えるツール、使えないツール
  7.7のカスタマイズ
  8.7のXPモード
  9.仮想モード・ツールの紹介
  10.買い替え時期の見極め
  11.OSサポートの終了について

  ぼんやりとこんな目次と順番でお知らせしていこうかと考えてます。
  途中で追加や省略などあるかもしれません。ご了承ください。


■7.7のXPモード

  7のXPモードとは、ウィンドウズ7のパソコンでもワードやエクセル
  などのように、XPを別ウィンドウで動作させる機能です。
  例えばXPでしか動かない古い会計ソフトとかを使っている場合、それ
  が原因でパソコンを新しく買い替えたいけれど買い替えれません。

  しかし、7のXPモードを使えば通常の操作は7上で使い、この例では
  その古い会計ソフトを使うときだけXPモードのウィンドウを立ち上げ
  そのウィンドウだけでXP上の会計ソフトを使えるわけです。
  会計ソフトでの用が終われば、他のソフトと同じで×でそのウィンドウ
  を終了させればいいだけです。再起動する必要もありません。

  これって、凄く便利だと思いませんか?
  7に移行するのにためらっているユーザーさんにはグッとな機能
  です。


―――――XPモードが使える条件―――――

  ポイントは2つです。
 
  1.Windows7のバージョンは、Ultimate、Professionalのみ
  2.ハードディスクの空き容量は2GB+15GB必要

 他にも細かなところでは以下の条件があります。
  ・メモリは2GB以上を推奨
  ・CPUは32ビット版は1GHz以上、64ビット以上も1GHz以上

  本当は今年の春まではもう1つややこやしい条件がありました。
  「CPUがIntel Virtualization Tech に対応していること」という
  条件でしたが、今はその条件は撤廃され手植えの2つの条件となり
  ました。
 

―――――XPモードを使うまでのステップ―――――

  1.http://www.microsoft.com/japan/windows/virtual-pc/download.aspx 
    にアクセス
  2.エディションと言語を選択
  3.Windows XP Modeをダウンロードしてインストール
  ダウンロードに僕は約5分程度かかりました。回線は光です。
  4.Windows Virtual PCをダウンロードしてインストール
  ダウンロードに僕は約5秒程度でした。
  5.Windows XP Modeをアップデート
  Intel VTに対応していないコンピューターの場合、アップデート
   が必要です。対応しているコンピューターは必要ありません。


―――――XPモードの初期設定―――――

  Wndows Virtual PCのインストールが終わると再起動を求められ
  再起動します。
  再起動後、普通に7が起動し、スタート→プログラムに新しく
  「Windows Virtual PC」というプログラムが表示されています。
  そこをポイントするとその中に「Windows XP Mode」があります。
  クリックすると初期設定が始まります。
  以下、注意点です。

  ・XPモードのインストール先はCドライブ以外の別のドライブの方が
    いいです。結構、HDDも消費するらしいので。
  ・パスワードはXPモードにログインする際のパスワードです。

  セットアップは僕のマシンで3分ぐらいか。
  ちなみに僕のマシンのCPUはCoure2duoのE8300 2.83Ghzで
  Intel VTに対応しています。メモリは2GBです。


―――――XPモードを使った感想―――――

  第一の感想は「意外とサクサク動く!」でした。
  僕がこれまで見聞きした「XPモードの遅さ」は感じません。
  十分に使える速さです。
  いま僕が使っている7のスピードを100とすると、XPモードの
  スピードは70ぐらいだろうか。
  「バリバリ速い」というほどではなく、「それほど遅くない」という
  感じです。

  それともう1つ。
  XPモードを立ち上げると7の画面中央にXPモードのウィンドウが
  表示されます。
  そのウィンドウの左下に見慣れた「スタート」ボタンがあり、それを
  クリックするとこれまた見慣れた「「すべてのプログラム」があり
  そこをポイントするとインストールしているアプリケーションが
  表示されます。
 
  僕は7にインストしてあるアプリがXPモードでも使えると思って
  いたので、この「すべてのプログラム」に7にインストしてある
  アプリもすべて表示されると思ったら、違うんですね。
  XP標準でインストされている標準アプリしか入っていない。
  IEとかアクセサリとかゲームとかWMPとか。
  つまり、XPモードで理由したいアプリは、別途、XPモード上
  でインストしなければならないんですね。

  まあそれはともかく、XPモードの動作スピードは「まずまず、
  使える」というのが僕の感想でした。


■まとめ
  ぼくが7マシンでXPモードを使う必要性は感じていませんでした。
  しかし、今回の記事を書くためにXPモードを設定しました。
  本当は余計なツールを入れるとマシンが重くなるので、XPモードを
  入れたくはなかったのですが、それでは読者の皆さんに適当なこと
  を伝えることになりますので、とりあえず入れてみました。
  その感想は上記をご覧のとおりです。
 
  XPモードのおかげで僕はお客さんのOE用のメールアドレスを
  作る際に楽になります。
  これまではOE(OutlookExpress)のアカウントを作る際は、僕が
  サブで使っているXPマシンを起動し、そこで作って、それをUSB
  メモリに写してメインの7マシンに持ってきていました。
  とても面倒でした。
  ですが、XPモードを利用すればマシン1つで簡単に行えます。
 
  しかし考えてみると、このXPモード、関心のある人は多そうだし
  これからも今しばらくは増えるだろうと思うのですが、ポイント
  は7のエディションがUltimate、Professionalという事です。
  ご家庭の一般ユーザーはエディションがHomeのユーザーが
  多いだろうけど、HomeではXPモードが使えない。
  
  でも、調べてみるとHomeでXPモードを使う裏技はある
  ようです。
  来週はそんな「仮想モード・ツール」についてお知らせします。
  乞うご期待!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●◇●気になったニュース●◇●

  1. テレビ電話のイメージが変わる? 家族と「FaceTime」
   http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1008/27/news037.html
  
  2. 脳のトレーニング 数字パズル
    http://www.nhk.or.jp/toppage/summer/puzzle/index.html?from=tp_ac14

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●◇●ひとり言●◇●
  
  凄いぞ!「YouTube XL」

  僕はかねてより、動画配信サイト「YouTube」で連続してノンストップ
  で僕のお気に入りの音楽を聞けないものか、そんなサービスはないかと
  探していました。そして見つけました!
  それが「YouTube XL」です。http://www.youtube.com/xl
  
  ページ右上にある検索欄に聞きたいアーティスト名を入力し検索する
  と、そのアーティストの音楽クリップがヒットしてきます。
  それもYouTubeですから、すべて動画ビデオ。
  場合によってはかなりレアな映像もあります。
  といいますか、アーティストによりますが、これまで見たこともない
  かなりお宝映像の映像ばかりがヒットしてきます。
 
  例えば僕は「矢沢永吉」で検索してみました。
  これまで僕が見たことのあるビデオクリップもヒットするけれど
  20代後半の頃の永ちゃんのインタビュービデオがあったり、イチロー
  との対談ビデオがあったり、イギリスに仲間とオートバイツーリング
  しているドキュメントビデオがあったり・・・。
 
  「eaglus(イーグルス)」でも検索してみた。
  名曲「ホテルカルフォルニア」のライブ映像がヒットしてくる。
  日本語訳入りのテロップが入ったビデオクリップもヒットしてくる。
  「デスペラード」もヒットしてくる。こんな意味の歌だっただー。
  僕は仕事もそっちのけで、それらビデオクリップに釘付けになって
  しまう。面白い!
  つまらないテレビ番組を見ているより、こっちのほうがよっぽど
  面白い!
 
  ぜひ皆さんもこの「YouTube XL」http://www.youtube.com/xl に
  アクセスして、お気に入りのアーティストを検索してみてください。
  動画を連続再生するために1つだけ、設定することがあります。
  トップページの設定をクリックして、「現在の動画が終わったら次の
  動画を再生する」にチェックを付けてください。
  これで自動で動画が連続再生します。
  検索キーワードは日本人アーティストは日本語でいいですが、
  外国人アーティストはカタカナで検索するより英語で検索した方が
  検索ヒットするは大幅に増え、レアな動画を楽しめます。
 
  YouTube、こういうネット上の共有サイトってアーティストの
  著作権を考えると「こういうのっていいのかな?」と微妙な
  心境になってしまいますが、映像データという無形のお宝=財産
  を自分だけでなく、多くの人と共有し合おうという考え、発想は
  いいんじゃないかなと思います。
  YouTubeのデータが置かれているデータセンターには、世界中の
  ありとあらゆる動画が保管されており、それはそれこそ人類の
  資産なんじゃないか、そしてその巨大な資産に簡単に、無料で
  アクセスし、瞬時に聞きたい見たい映像を楽しめるっているのは、
  これはやはり人類の英知ですよね。
  大いに活用し、楽しみましょう!
  いや、ほんと、テレビを見ているよりYouTubeのほうがよっぽど
  楽しい。エキサイティングです!
  今週はこの辺で。


 ブログには、近所の公園で写した白い花の写真を載せておきます。
 かなり被写体に近づけて撮影しました。マクロ撮影。
  アップで見ると「ああ、この花も生きているだなぁ」と妙に感心
  しました。
その他   2010/08/30   wada
タグ:Windows7
このページの先頭へ戻る