旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

Windows7への移行14

Windows7への移行14~
  
 パソコンの買換え、ウィンドウズXPからウィンドウズ7に買換え
  する場合について連載しています。14回目。


  前回は「仮想モード・ツール」をお知らせしました。
  僕の早とちりで、7のHomeでも何かツールを使えば裏技でXPモ
  ―ドを使えるのかと予想していました。
  しかしよく調べてみると、どの方法もXPのOSのCDが必要で
  お金をかけるぐらいだったら、素直に7のProfessional版、または
  アップデート版を購入した方が良いという事が分かりました。
  早とちりでスイマセン・・・。

  今週はパソコンの「買い替え時期の見極め」をお知らせします。
  皆さんの、これからのパソコンの買い替えをする際のひとつの目安に
  して下さい。


■「ウィンドウズ7への移行」特集 目次予定
  0.ウィンドウズ7の紹介
   ・7の特徴
   ・7のエディッション
   ・32ビット版と64ビット版
   ・7のメリット・デメリット
  1.移行前の確認
  2.7への移行手順
  3.Windows転送ツールの紹介
  4.メールの移行
  5.XPと7のデュアルブート
   ・1つのHDDでパーティションを分ける場合
   ・2つのHDDを使う場合
  6.7で使えるツール、使えないツール
  7.7のカスタマイズ
  8.7のXPモード
  9.仮想モード・ツールの紹介
  10.買い替え時期の見極め
  11.OSサポートの終了について

  ぼんやりとこんな目次と順番でお知らせしていこうかと考えてます。
  途中で追加や省略などあるかもしれません。ご了承ください。


■10.買い替え時期の見極め

  パソコン本体の買い替え時期の見極めは、使う人使う用途によって
  まちまちですが、僕の長年にわたるパソコンサポート業を通しての
  感触・考えを述べたいと思います。

  結論から申し上げると、パソコンの寿命はせいぜい5年だと思います。
  つまり購入してから5年以上経っているならば「買い替え時期」です。
  これは「パソコンの買い替え時期は?」というだけの質問なら、そう
  言い切っても良いと思います。

-------------------7~8年以上前のパソコン-------------------
  使って使えないわけではありません。ですが、使う用途がかなり限定
  され、なお且つスピードも相当遅い。
  文章を作る、表計算ソフトで簡単な計算をする表を作る、メール
  チェックを少しだけする。ウィルスソフトは使わずに無防備の
  状態で。
  これぐらいなら使えて使えないことはないでしょう。
  今どきのソフト、ウィルスソフトや年賀状ソフトなどは入れない
  方が良いでしょう。プリンター関係の付属ソフトも入れない
  方が良いでしょう。

  7~8年以上前のパソコンは「買い替えの必要度100%」ですね。


-------------------4~5年以上前のパソコン-------------------

  ご家庭の普通のパソコンユーザーさんであれば悩むところでしょう。
  経済的に余裕があるならば、買換えをお勧めします。
  それも、強くお薦めします。
  使い勝手・スピード・生産性が飛躍的に向上します。
  買換えが難しい場合は、初期化&メモリ増設をして、且つ大事を
  とって外付けハードディスクに大事なデータを常にバックアップ
  しておくことをお薦めします。
 
  4~5年以上前のパソコンは「買い替えの必要度75%」です。


-------------------2~3年程度前のパソコン-------------------

  パソコンのヘビーユーザーなら買換えを検討されてよろしいと思い
  ます。
  また、ビスタユーザーなら7にアップデートしたほうが良いでしょう。
  
  XPマシンで、動きが遅い、時々フリーズする、などの場合は初期化
  &メモリ増設をすればまだまだ使えるでしょう。

  2~3年程度前のパソコンは「買い替えの必要度35%」ぐらいか。


-------------------1~2年程度前のパソコン-------------------

  購入してまだ1年2年のパソコンは余程の理由がない限り、買い替えは
  必要ないでしょう。
  厳密に言うと、購入して1年2年ではなく、購入したモデルが発売
  して1年2年、ですね。
  上と同じくビスタユーザーならば7に買い替え、またはアップデート
  されたほうが良いでしょう。

  1~2年程度前のパソコンは「買い替えの必要度15%」ぐらいか。


-------------------他の、パソコン買い替え時期の要点-------------------

  パソコンの経過年数はともかく、以下のような症状や状況であれば
  買換えしたほうが良いです。

  買換え、または修理・メモリ増設を検討するに値する症状や状況
  ・起動に時間がかかる。3分以上かかる。
  ・起動時によく青い画面、または黒い画面が表示される。文字は英語。
  ・ホームページの表示が遅い。ヤフーのページが表示されるまで
   30秒ぐらいかかる。
  ・よくフリーズする。作りかけの文章や表などを何度も無くした。
  ・とにかく動作が遅い。とても遅くなる。

  これら症状が頻繁にある場合は、買換え、または修理・メモリ増設
  を検討されたほうがよろしいと思います。
  

------------パソコン買い替えせずに修理・パーツ増設をする-----------

  購入して3年以内くらいのXPマシンなら、初期化&メモリ増設を
  すればまだまだ使えるものが多いです。
  3年以上のマシンでも5年前くらいならば初期化&メモリ増設を
  すれば、まだ使えます。使える場合が多いです。
  5年を過ぎているマシンは、いくら修理・パーツ交換しても現状
  維持が精一杯です。新しいプリンターやソフトやネットサービスを
  存分に、快適に使うのは難しいし、その費用対効果は低い。

  購入して3年以内くらいのビスタマシンの場合は(も)、初期化&
  メモリ増設をして7にアップデートすると良いでしょう。



■まとめ
  今回の情報はかなり僕、個人の考えや経験が強いものです。
  人によっては「私のパソコンは8年以上前のものだけど全然平気よ」
  って言う人がいるかもしれません。いや、実際にいますよね。
  そういうユーザー、そういうマシン。
  いまだに10年位前のマシンでウィンドウズ2000を使っている人が
  僕のお客さんにいます。

  しかし普通に、それほどパソコンに超早いスピードやパワーを求め
  ないにしろ、普通にそれなりに快適にパソコンを使うならば、やはり
  買い替えの臨界点として僕は5年が良いところではないかと思います。

  パソコンは「買ったら一生モノ」ではなく、ある意味「消耗品」と
  考えて良いと思います。
  パソコンの進化のスピードは今後どうなるか分かりませんが、おそらく
  まだしばらく、パソコンは4年か5年くらいのスパンで買い替えして
  いくのがよろしいと思います。

  問題はOSが新しくなった時の、買い替えるタイミングです。
  XPユーザーが新たにXPマシンを買い替えるなら大きな問題はあり
  ません。
  しかし、XPユーザーがビスタを飛び越えて7マシンに買い替える
  、買い替えざる得ない今回のような場合ですね。
  7マシンはXPと比べ、それほど操作性は大きく違わないのですが
  それでもちょっとは戸惑いがあるかも、面倒かも、ですね。
 

  ただいずれにしろ、パソコンはいま、昔のように高額ではなくなって
  いますので、使いづらいパソコンを無理して作業効率を落として
  使い続けるのはどうかと思います。
  経済的にどうしても買い替えが難しいならば、現状のマシンを
  修理や修復して使うしかありませんが、新品のパソコンもいまでは
  安いものは5,6万円で買えますので。デルコンピューターとか。
  5,6万円で新しいパソコンに買い換えられるなら、ちょっと検討
  してみても良いですよね!
  (パソコンの買換えは是非、当社にご連絡下さい!!(^^)!
  support@d-wiz.com  @マークは小文字にして下さい)

  次回はいよいよ今回のテーマの最終回です。
  「OSサポートの終了について」についてお知らせします。
  会社でパソコンを使っている人で多いのですが、XPマシンで未だ
  SP2を使っているユーザーさんがいます。
  XPのSP2はサポートが終了していますからね。注意が必要です。
  そんなOSのサポート終了についてお知らせします。
  乞うご期待!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●◇●気になったニュース●◇●

  1. 買えないけれど欲しいなぁ「iPhoneラジコン、「AR.Drone」」
   http://ascii.jp/elem/000/000/553/553218/
  
  2. 旭川開基120周年記念イベント「食べマルシェ」 2010/10/9-10/11
    http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/kaison120/tabemarusye.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●◇●ひとり言●◇●
  
  趣味があるって・・・

  以前、何かのビジネス本で「ビジネスの成功を望むなら趣味を楽しんで
  いる時間も余裕もない。仕事に突っ走れ!」みたいな教えを読んだ事が
  あって、読んだ直後は「うんうん、そうだよな、俺にはいまそんな
  余裕はないから趣味はしばらくマラソンだけにしよう」と考えました。
  昨年の12月ごろです。

  ところが春が来て雪が解け始めたら、そんな事をすっかり忘れて週末
  は趣味全開モード。特に7月のフルマラ完走後はそれまでマラソンに
  使っていた時間や資金を、バイクや釣りや今年始めた山登りにドクドク
  と費やしています。
  一昨日の土曜日も十勝岳&美瑛岳を登山、昨日はバイクでツーリング。
  登山もバイクも素晴らしい!楽しいし気持ちが良い!
  
  何が楽しいかって、それはいろいろありますが、行く前に「何処に
  行くか、何を持っていくか」などなどを仲間と打ち合わせするのも
  楽しいし、それが終わった後の飲み会や団欒もとても楽しい。
  しかもですよ、その仲間=同じ趣味を持つ人というのは仕事や社会的
  立場を全く関係なく、年齢も何も関係ない(多くの場合)。
  同じ共通の趣味という土俵で日常を離れ、その趣味の時間を存分に
  楽しむ。仲間と協力し合う。
  仕事や社会的立場抜きに、っていうのがいいですよね!
 
  だって普段の生活であれば普通はその仕事関係と暮らしている地域の
  ほんの限られた人達にしか出会わないでしょう?交流がないでしょう。
  ところが趣味の関係の出会いや交流は、その幅をグーンと広め、且つ
  深まると思います。
  同じ趣味の人と話している時って本当に楽しいですよね!
  「こんなツールがある、やり方がある、お店がある」「それは○×する
  と良いですよ」「このあいだ、○×が△◆でさー」などなど。
  話は尽きません。時間を忘れるくらいすごく楽しい。


  共通の趣味を持つ人と出会う。趣味の話で盛り上がる。仲良くなる。
  これはもう、良くも悪くも「神様からのプレゼント」なんじゃないか
  と思います。プレゼントまたは何かの啓示、気づき。
  どんな人にめぐり合い、その関係をどうしていくかは本人しだい。
  良質という言葉の定義が難しいけれど、「良質な趣味」は良質な仲間と
  出会いさせ、良質な時間を造り、良質な暮らしをもたらせてくれる。

  趣味がない人、無趣味な人ってなんとなーく多いような気がする
  けれど、実際のところどうなんでしょうね?
  僕は「趣味」を尋ねられたら「ツーリング、マラソン、釣り、読書、
  お酒、最近では登山、料理」なんて応えますが皆さんはどうですか?
  どっちかと言うと、いや圧倒的に“一人でも楽しめる”趣味が多い
  ですし、団体でしか楽しめない趣味は嫌い・苦手なのですが、だか
  らこそ普段は一人でも、時には同じ趣味の仲間と集まってワイワイ
  と楽しむのはとても楽しい!
  そんな風に僕は最近、趣味についてそう感じています。

  今週はこの辺で。
  来週は旗日のため、1週お休みします。滝川マラソンに行ってきます!

 ブログには、美瑛町望岳台から見上げた十勝岳の写真をを載せて
  おきます。
  大雪山連邦十勝岳、標高2077m。活火山。
  僕は土曜日、この写真の中央白いところ、十勝岳頂上に登り
  さらに右側の美瑛岳までを峰づたいに縦走してきました。
  登山は楽しい!精神修行、雲上では神に少し近づけるような気が
  します。
その他   2010/09/13   wada
タグ:Windows7
このページの先頭へ戻る