旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

Windows7への移行15

Windows7への移行15~
  
 パソコンの買換え、ウィンドウズXPからウィンドウズ7に買換え
  する場合について連載しています。15回目、最終回。


  前回は「買い替え時期の見極め」をお知らせしました。
  使い方などによって一概に言えませんが、パソコンの買換えは概ね
  5年おきぐらいが妥当でしょうか。
  5年以上前のマシンでも使えますが、快適に使うなら5年おきくらい
  に買い替えたほうが良いでしょう。

  今週はパソコンの「OSサポートの終了について」をお知らせします。
  XPのサポート終了はいつかご存知でしょうか?
  OSのサポート終了もパソコンの買い替えをする際のひとつの目安に
  なります。
  

■「ウィンドウズ7への移行」特集 目次予定
  0.ウィンドウズ7の紹介
   ・7の特徴
   ・7のエディッション
   ・32ビット版と64ビット版
   ・7のメリット・デメリット
  1.移行前の確認
  2.7への移行手順
  3.Windows転送ツールの紹介
  4.メールの移行
  5.XPと7のデュアルブート
   ・1つのHDDでパーティションを分ける場合
   ・2つのHDDを使う場合
  6.7で使えるツール、使えないツール
  7.7のカスタマイズ
  8.7のXPモード
  9.仮想モード・ツールの紹介
  10.買い替え時期の見極め
  11.OSサポートの終了について

  ぼんやりとこんな目次と順番でお知らせしていこうかと考えてます。
  途中で追加や省略などあるかもしれません。ご了承ください。


■11.OSサポートの終了について

  OSとは基本ソフトのことで、多くの人はウィンドウズのXPか
  ビスタか7を使っています。極極まれに、いまだに2000とか98
  とかを使っている人もいるかもしれません。
  OSは他にもマックもありますし、Linuxもあります。
  今回のメルマガで僕がお知らせするのはウィンドウズ系のOSの
  サポート終了についてです。

-------------------OSのサポートとは何か-------------------
  OSのサポートが切れるというのは、そのパソコンが使えなくなると
  いう意味ではありません。
 
  具体的には、サポート終了後に発見された不具合やウイルスに対する
  脆弱性を直すためのアップデートが行われないということです。
  例えばですが、2010年9月現在に市場に流通しているパソコン関連の
  商品を使う分には問題がなかったけれど、10月に発売されたプリンタ
  で例えばホームページを印刷すると、なぜかトラブルが起きる。
  そういう「いまは大丈夫だけど将来の商品とトラブルが起きる」可能
  性はあります。
  そういう時にもメーカーとしてサポートしていくのが常ですが、そう
  いうサポートが終わりになるという事です。

  また、ウィルスやセキュリティに対するアップデートを行われないと
  いうのはとても怖い話です。
 「私はセキュリティソフトを入れているのでOSのアップデートが
  されなくても大丈夫!」と思っている人もいるかもしれませんが、
  OSはパソコンの土台というか基礎なので、そこのセキュリティが
  弱いとソフトでいくらガチガチに固めてもセキュリティ的には厳しい
  でしょう。

  しかし、もし以下のような使い方で良いならばOSのサポートが
  終了した古いパソコンを使い続けることはできます。
  非ネット接続で、専用機的な使い方なら、余分なソフトをインスト
  ールしないし、今どきのソフト、ウィルスソフトや年賀状ソフト
  などは入れない、プリンター関係の付属ソフトも入れない。
  きわめて限定された使い方、このような使い方であればOSのサポ
  ート終了も関係ありません。
  パソコンそのものが壊れるまで、比較的長く使えます。


------------------具体的な各OSごとのサポート期間-------------------

  ・Windows 3.1     1992年3月  2001年12月
  ・Windows 95      1995年8月  2001年12月
   ・Windows 98/98SE    1999年6月  2006年6月
  ・Windows Me          2000年12月  2006年7月
  ・Windows 2000Pro     2000年2月  2010年7月
  ・Windows XP(SP1)    2002年8月  2006年10月
  ・Windows XP(SP2)    2004年9月  2010年7月
  ・Windows XP(SP3)    2008年4月  2014年4月
  ・Windows Vista(SP1)   2008年2月  次のSPリリースから24ヶ月後まで
  ・Windows Vista(SP2)   2009年4月  次のSPリリースから24ヶ月後まで
  ・Windows 7          2009年10月  2020年1月(予定)


  XPを使っているユーザーが一番多いので、XPのSP3のサポート
  終了について詳しくお知らせします。
  XPのSP3のサポート終了は2014年4月にサポートを終了予定
  しています。2014年4月、あと3年6ヶ月くらいですね。
  もしくはもしも2014年4月までSP4がリリースされたら、それ
  からさらに24ヶ月サポート期間が延長されます。
  Windows2000はSP4まで出たけれど、XPではどうでしょうか。
  個人的推測ですが、マイクロソフト社の利益効率を考えるとSP4は
  出ないような気がします。
 

  気をつけたいのは、2000のユーザー、XPのユーザーでSP1または2
  を使っている人です。サポートが今年の7月13日で終了しています。
  2000のユーザーさんはパソコンの買換えか、ネットに接続せず極め
  て限定された使い方で使うことを、そしてXP(SP1、SP2)のユーザー
  さんもSP3に早急にアップデートされることをお薦めします。
 
  OSの確認はマイコンピューターを右クリック→プロパティで確認
  する事ができます。



■まとめ
  先日、僕のお客さんでXPのSP2の人がいました。
  会社のパソコンで、会社のパソコンに詳しい人が故意にSP3に
  アップデートしないようにしていたようです。
  ウィンドウズアップデートを停めていたんですね。
  企業のシステム担当者にとってみれば、ウィンドウズアップデート
  は結構やっかいなものですから。アップデートのたびに何かしら
  社内のパソコンが不調になったり質問や問い合わせがあったり
  するでしょうから。
 
  とはいえ、アップデートを停めてSP2のままだとサポートが受けれ
  ませんから良いことではありません。
  また、アップデートを停めているわけでなく、ただ単純にアップ
  デートをし忘れているユーザーさんも結構、多いと思います。
  パソコン画面の右下にいつも黄色いアイコンが表示され「アップ
  デートの準備ができました」とメッセージが表示されているのに
  無視。
  いけませんねぇ。パソコンの更新作業=アップデートは面倒だし
  これまで何かと嫌な経験(不調になったとか)があったこととは
  思いますが、更新作業はしっかりやっておきましょう。
  アップデートのたびになにかしら不調になるようであれば、その
  マシンはもう買換え時期か、もしくは初期化する時期です。
 
  ちなみにXPのSP3からアップデートは電源を切るときに強制的
  にアップデートするようになりました。強制的にです。
  SP2まではパソコン画面の右下に黄色いアイコンが表示され「アップ
  デートの準備ができました」とメッセージが表示され、そのアイコン
  をクリックして能動的にアップデートをしていましたが、SP3
  以降、電源終了時に強制的にアップデートが行われるようになり
  ましたね。
  もしも、パソコン電源終了時に「ただいま更新作業をしています
  ・・・」的なメッセージをこれまで一度も見たことがなければ、
 お使いのパソコンはXPのSP2以前の可能性が大です。
 確認のうえ、早急に処置されることをお薦めします。


  15回の長きにわたって連載した「Windows7への移行」は今回で
  終わります。
  これからXPから7に移行される方のお役になれば幸いです。

  ああ、そうだ!今回の連載中にお伝えしたOutlooxExpressから
  Thunderbirdへのメールデータの移行について、もっと簡単で
  確実なやり方を見つけました。
  今回で7への移行は終わりにしようと考えていましたが、次回
  もう1回だけ、OutlooxExpressからThunderbirdへのメール
  データの移行についてお知らせします。
  乞うご期待!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●◇●気になったニュース●◇●

  1. 「Internet Explorer 9」ベータ版公開
   http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20100506_365633.html
  
  2. 旭川開基120年イベント「北の恵み 食べマルシェ」
    http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/kaison120/tabemarusye.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●◇●ひとり言●◇●
  
  禁煙のススメ

  10月1日からタバコが値上がりしますね。1箱410円、440円。
  ちょっと高いですよね。腹の足しにもならない、ただの“煙”を吸う為に
  毎日410円を使うのはバカらしいなぁ(1日20本吸うとして)。
  よく吸い続けるなぁ、とも感心します。
 
  もしもタバコをやめたいのだけど、やめれないというのなら僕の禁煙
  の経緯・やり方をお伝えしますので参考にしていただければと思います。
  僕もその昔、意志が弱く何度も禁煙に挫折しましたから。
  でも禁煙の挫折は「意志が弱く」ではなく、単純にその方法論とタイ
  ミングによるところが多いのではないかと思いますね。
 
  僕はあまりおおっぴらに言えないけれど、ずいぶん早くからタバコを
  吸っていました。そして20歳の時、初めての喫煙にチャレンジ。
  毎日が楽しく、夢や希望にあふれた青春時代を送っていたので意外と
  簡単に禁煙に成功。味の好みや体質も変わり、痩せ型から筋肉質体型
  、そのまま進めば肥満体質になっていたと思う。
  
  その後、バイクの事故に遭い再び喫煙するようになりました。
 
  それからが僕の禁煙チャレンジの修行が始まります。何度やっても
  タバコをやめればまた事故前の楽しい生活に戻れると願って禁煙を
 始めるけれど、理想と現実のギャップに苦しみ3日とか1週間で挫折
 していました。「禁煙は自分には無理。無駄な  抵抗はもうやめよう」
 と悟りを開き?禁煙を諦めました。


  時は流れ僕が33歳の時、個人事業主として独立する時に再度、願かけ
  で喫煙に挑戦。「今回の禁煙に成功したら、自分の事業も成功する」と。
 「このまま、諦めたままの人生で良いのか」と。
  まずは禁煙の方法論を書いた本を図書館で大量に借りてきて、読破。
  僕が実際に行った禁煙テクニックは、
  ・読書により、タバコの怖さを学ぶ
  ・喫煙者の真っ黒の肺の写真を手帳に貼ってながめる
  ・なぜタバコをやめるのか、その動機を手帳に書いてながめる
  ・3日、1週間、3週間・・と喫煙できた自分に褒美を計画
  ・コーヒーをやめて紅茶を飲む
  ・禁煙開始3日間、お酒もやめた
  ・とにかく寝た。ご飯を超いっぱい食べてすぐに寝た
  ・飴や酢昆布を常備。口が寂しくなったら食べた
  ・「ちょっと1本だけ」を絶対に吸わない。絶対に!
  特に最後の「ちょっと1本」が危ない。実に危ない。
  あと、気分が落ち込んだ時とかにも「もういいや!」って感じで
  タバコを吸いたくなる時があるけれど、タバコを吸ったところで
  事はなにも進展・解決しない。それを肝に銘じておく事も大事です。
 

  タバコを正式にやめたのが6年前の初夏。
  体重は最高で10キロは増えました。だってご飯が美味しいですから!
  いまは体重は戻って平均以下。タバコを吸っている時には考えられな
  いけれど、タバコをやめると人は運動するようになるんですよ。
  禁煙による体重増加を気にして、タバコをやめるのを躊躇している人
  がいますが、大丈夫。タバコをやめて太ったとしてもタバコをやめれ
  ば運動するようになるから、ちょっと時間がかかるけれどまたもとの
  体重に戻ります。

  現在の日本の喫煙率って23.9%、4人に1人。女性の喫煙者が増加
  傾向にあるらしい。歩きタバコの女性とか運転中のくわえタバコを
  している女性、時々見かけるもんなぁ。幻滅してしまう僕は古い
  男なのかもしれませんが、お前さんね、と説教したくなる。
  家の近くの病院の外で、何人かがしゃがんでタバコを吸っているの
  を見かけると僕はいつも「古代の原始人」を連想してしまいます。
  2010年の現代、煙を吸って楽しむっぅーのはいかがなものか。
  「煙」だぜ。「俺らはその分、税金を払っているんだ!」と反論を
  するけれど、それは違うよ。医療費や喫煙設備で間違いなく赤字
  収支だよ。

  たばこをやめたくてもやめられない人に捧げる、和田からの提言
  ・経験論でした。僕はタバコをやめて本当に楽になった、良かった
  救われた、極端に言うと「人生が変わった」とも思っています。
  今週はこの辺で。

  ブログには、先日河原で調理した北海道名物「鮭のチャンチャン
  焼き」の写真を載せておきます。
  まだ味噌をかける前ですね。チャンチャン焼きは簡単だし安いし
  なにより美味しいです。秋の味覚てんこ盛りですからね!
その他   2010/09/27   wada
タグ:Windows7
このページの先頭へ戻る