旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

確定申告ソフト

平成22年分の所得税の確定申告が2月16日から始まります。大部分のサラリーマンの方確定申告の必要はありませんが、副業している人や株式投資をしている人は申告の義務があります。また、サラリーマンの方でも申告をすることによって納めすぎた医療費などが還付=戻ってくることもあります。

また起業したばかりの人やこれから起業・副業を考えている人もいるでしょう。既に事業を始められている方の中でもパソコンの買い替え=OSの変更により申告ソフトを買い替えざる得ない人もいるでしょう。

今月は個人事業主や個人を対称にした確定申告ソフトをご紹介します。

確定申告とは?

確定申告とは、一年間(1月1日から12月31日まで)の所得とそれに対する税金を税務署に申告することです。所得税、法人税、消費税等を納めるための手続きで、同時に源泉徴収などで納めすぎている税金を返してもらう手続きでもあります。

次に該当する人はサラリーマンであっても確定申告が必要です。

①年収が2000万円を超える人

②給与所得及び退職所得以外に20万円以上

の所得(必要経費を引いた金額)のある人

③給与を2ヶ所以上からもらっている人

④家事使用人などのため源泉徴収がされてい

ない人で所得金額が103万円を越える人

 

申告ソフトの選び方

市販されている主な個人事業向け会計ソフトのタイプは、2つに分けられます。1つは、日々のデータを経営に役立てる、本来の目的の『会計業務ソフト』。もう1つは、その機能の中から、青色申告書作成に必要な機能だけを取り出した『青色申告ソフト』です。

ソフト選びのポイントは、「使いやすさ」「サポート体制」「価格」などがありますが、もしも税理士に決算処理を依頼する場合は、その税理士と同じソフトを選んだほうが良いでしょう。

また、この手の会計ソフトは初期設定が面倒・複雑なので、会計の知識が多少なりとも必要です。自信のない方はサポート体制もチェックしておきましょう。

 

体験版を試す

ほとんどの確定申告ソフトは体験版を用意しています。買ってから「イメージと違った」と悔やまぬよう、まずはいくつか体験版を使ってみる事をお薦めします。

体験版は30~60日間の期間限定ですが、機能制限はなくインストールや操作に分からないことは無料でアドバイスを受けられます。体験版で入力したデータをそのまま使い続けることが可能です。

実際に操作してみると、自分に必要な機能や画面・操作の好みも分かってきます。日々の仕事の中で使う重要なソフトだからこそ、慎重に試してから購入をしましょう。

 

 

★まとめ★

住宅ローンを組まれた方や、医療費が総額で10万円を超える方などは確定申告をして還付金として税金が戻ってきます。また中途で退職された方、再就職された方も年末調整を行えていないので申告する必要があります。

確定申告は事業をしている/していないに関わらず、その年々のご自身の収支を確認し、「自分のお金(資産)は自分で管理する」ためにも行いたいものです。経済が不安定な時だからこそ大切なことではないでしょうか。

複雑で面倒な確定申告も、パソコンと確定申告ソフトがあれば大丈夫です!

 

インフォメーション

★主な個人事業主向け青色申告ソフト 2011年度版
 

製品名

やよいの青色申告 11








 

ミロクのかんたん!青色申告6





 

みんなの青色申告12



 

かるがるできる青色申告2011

わくわく青色申告2

 

 

 

販売元

弥生株式会社

(株)ミロク情報サービス

ソリマチ株式会社

(株)BSL研究所

(株)ピクシス

対応OS

WindowsXP/Vista/7
(32bit/64bit)

Windows2000/XP/Vista/7
(32bit/64bit)

Windows2000/XP/Vista/7
(32bit/64bit)

Windows XP/Vista/7
(32bit/64bit)

Windows2000/XP/Vista/7
(32bit/64bit)

体験版

×

実売価格(2009/08)

9,000円

13.500円

9,000円

4,000円

7,000円

発売日

2010年12月

2008年12月

2010年11月

2010年12月

2009年3月

商品説明

初めてでも簡単・手軽に使いこなせる安心の青色申告ソフト。青色申告だけでなく、白色申告・平成22年分所得税確定申告書Bまで対応し、個人事業者に適している。また、消費税申告書も作成可能で、青色申告特別控除(65万円控除)も完全対応。

個人事業者専用の会計ソフト。日々の取引を手書き感覚で入力すれば元帳・仕訳帳・貸借対照表・損益計算書などの資料や青色申告決算書が自動で集計できます。国税庁の電子申告システム「e-tax」へのデータ書き出しに対応しています。

はじめてでもあんしん、やさしい青色申告ソフト(個人事業者専用)。一問一答形式の質問に答えていくだけでデータ作成できるので導入もらくらく。電子申告にも対応しているので、申告業務がますます便利に行えます。実務解説本付き。

「一番簡単な申告ソフト」を目指して開発された簡易簿記専用の申告ソフト。「とにかく簡単に、安く申告を済ませたい」という方に最適です。一般事業所得だけでなく、不動産・兼業にも新たに対応。「無期限・無料サポート」付きで安心。

個人事業向けの青色申告ソフトです。余計な機能を省いたわかり易いブラウザ感覚の画面が経理業務をスムーズに行えます。帳簿入力機能を搭載しており初心者でも簡単に入力できます。搭載されている仕訳辞書が仕訳の入力を強力に支援。

★ネットで納税・申告関連のサイト
 

サイト名

内容

はじめよう!e-Tax|東京国税局|国税庁
http://www.nta.go.jp/tokyo/topics/e-tax/etaxinfo01.htm

e-Taxを使用するために必要な事前準備、初期設定、法定調書の作成、税務署へ送信するまでのマニュアルなどがPDFで用意されています。

e-Taxをご利用になる場合の準備等
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/

画面中央の「インターネットで送信!!e-Tax」→e-Taxをご利用になる場合の準備等をクリック。

平成22年度分のe-Taxを利用しての確定申告準備について詳しく書かれています。

電子政府の総合窓口e-Gov[イーガブ]
http://www.e-gov.go.jp/

各府省がインターネットを通じて提供する行政情報の総合的な検索・案内サービスの提供、各府省に対するオンライン申請・届出等の手続の窓口サービスの提供を行う政府のポータルサイト。

eLTAX(エルタックス)
http://www.eltax.jp/

地方税ポータルシステムの呼称で、すでに電子化されている申告手続きに関連性の高い申請・届出手続きをWebブラウザからインターネット経由で行うことができます。

e-Tax医療費控除はじめてガイド
http://www.plala-do.jp/tamesu/2011/01/index2.html

年間10万円を超える医療費を支払った場合に、確定申告をすることで税金を優遇してくれます。
この医療費控除について分かりやすく説明があります。

確定申告すると所得税が還付される人
 

医療費控除、雑損控除、寄付金控除、始めて適用を受ける住宅借入金等特別控除は、年末調整では控除の対象とはなりません。また、その年において特定な支出があった者や年の途中で退社した者は、年末調整の対象とはなりません。したがって次のような人は確定申告をすることにより税金がもどってくる場合があります。

                  

①多額の医療費を支払った人                   ②災害や盗難に遭ったとき        ③寄付をしたとき
④マイホームを取得したとき                   ⑤年の途中で退社したとき        ⑥特定な支出があったとき         

                                  

また、次に当てはまる人も忘れずに確定申告を行いましょう。
・給与収入の他に年金を受給するようになった人

・保険等の満期金の収入のあった方で所得が発生する人

・所有していた土地や建物を売り、所得があった人

・ネットオークションやアフリエイトなどの副収入の所得が20万円を超える人

・ネットオークションやアフリエイトなどの収入だけの方で所得が発生する人

 


 


 


 


 

 

お仕事関係   2011/03/15   wada
このページの先頭へ戻る