旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

電子書籍リーダー

お手ごろな価格の電子書籍を読む端末「電子書籍リーダー」が続々登場し、身近なものになってきました。
電子書籍の良いところや紙の本との違いなど、これからの読書文化を変えるであろう電子書籍についてご紹介致します。

電子書籍のメリット・デメリット

紙の本とは違う魅力が電子書籍には幾つもあります。
 1.文字の大きさなど自由に変更できる
 2.本棚が必要なくなる
 3.買った瞬間に読める
 4.劣化しない、絶版がなくなる
 5.目的の記述を発見しやすい
 6.個人での出版が容易
 7.紙の本より少し安い

また一方で次のようなデメリットもあります。
 1.圧倒的に数が少ない、作品に偏りがある
 2.紙より可読性が低い、書き込めない
 3.電子書籍端末がないと本が読めない
 4.デジタル・データとしての存在の不確実性
 5.目的以外の本との出会いが減る

電子書籍ストア選びのポイント

電子書籍ストアを選ぶポイントは、「読みたい作品が購入できるか」です。まだ紙の本ほどの作品数がないので、「電子版がないものは紙の書籍で買う」と割り切り、使い勝手や作品数の多さ、ジャンルの充実度を基準に選びましょう。また、ストアごとの閲覧形式や対応端末、決済方法などを確認しておくことも大切です。

・紀伊國屋書店 http://bookwebplus.jp/  小説やコミック、雑誌と幅広いラインナップ
・honto http://hon-to.jp/  実際の書店さんとの連携や洋書に強い
・Reader Store http://ebookstore.sony.jp/  Sony が運営する電子書籍ストア
・BookLive! http://booklive.jp/ 小説などの書籍をはじめ、マンガ、雑誌、写真集など
 

★まとめ★

電子書籍リーダーは、そのディスプレイの種類によって大きく2つのタイプに分けられます。ひとつは白黒の「電子ペーパー」タイプ、もう一つはフルカラーの「液晶ディスプレイ」タイプです。
電子ペーパーは、紙と同じような高い視認性が特徴です。視野角が広く、明るい野外でも見やすい、長時間使用しても疲れにくいのが特徴です。
タブレットの特徴は解像度が高く表示スピードも速いカラー画面では、文字だけでなく写真や映像なども美しく表現でき、ウェブ閲覧やゲーム、音楽の視聴など電子書籍を読むだけにとどまらない汎用性の高さが魅力です。
電子書籍リーダーは今、新商品や値下げが相次ぎ、サービス競争&価格競争が過熱しています。もう少し様子見してもいいかもしれませんが、しかし、興味があるなら使ってみましょう。未来はそこから始まります。


 

ハードウェア関連   2013/01/15   wada
タグ:趣味 , 新製品
このページの先頭へ戻る