旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

住所録の管理

昨今、住所録(アドレス帳)をパソコン、携帯電話またはスマホで管理している人がほとんどでしょう。
知人友人の電話番号、携帯電話番号、PCメールと携帯メールアドレス、住所、賀状の出受記録…。
これら住所録のデータをパソコンと携帯(スマホ)でしっかりと同期できれば、とても便利です。

今月は住所録の管理についてご紹介致します。
 

パソコン⇔スマホ間 住所録同期のメリット

電話をかける、あるいはメールを送信する際に住所録(アドレス帳)は欠かせません。年に一度、年賀状を送る際にも住所録は大切です。
つまり、携帯電話のアドレス帳もパソコン内の住所録も失くしては困る、とても貴重で大切なデータです。
この2つを一緒に同期管理できれば、携帯(スマホ)で何時でも何処でも知人友人の電話番号は勿論のこと、アドレスや住所など分かります。
この時の理想はパソコンと携帯(スマホ)上の住所録が常に同じ状態であること。つまり、パソコン上で追加・削除した住所録データがスマートフォンの住所録に反映され、逆にスマートフォン上で追加・削除したらパソコン上の住所録にも反映されます。
また仮にパソコンまたは携帯、どちらか一方が壊れても安心です。

同期するには

アドレス帳管理アプリは「Android」「iPhone」ともに無料/有料それぞれ多数あります。
これらアプリの中にはアドレス帳をメールや「Dropbox」に送り、パソコン上でも編集&バックアップできるものもあります。

私がお勧めする同期方法は「Gメール」の「連絡先」を使う方法です。これを活用することで、パソコンの「住所録」⇒Gメールの「連絡先」⇒スマートフォンと同期⇒スマホとパソコン両方で「住所録」
を手間かけずリアルタイムに更新、という流れを作ることができます。
Gメールはグーグル社が提供する無料のメールサービスです。「アドレス帳 Gメール 同期」などのキーワードで検索すると、詳しい設定方法がヒットしてきます。

まとめ

携帯電話を失くす/壊れた時はしばらく言葉もでないほどそのショックは大きいものです。
好むと好まざるとに関わらず、老若男女多くの人の携帯電話の中に貴重な個人的データ=アドレス帳が入っており、携帯電話がないとほとんどの友人知人・仕事関係の人達に連絡が取れない「浦島太郎」状態になりかねません。
そのような大事な住所録ですから、しっかりとバックアップを取っておきたいものです。
望むべきはパソコン内の年賀状ソフトの住所録データとリンクさせ、電話番号以外にグループ分け、住所や会社名、役職、電話番号、メールアドレス、誕生日などの属性も整理された、より充実した住所録にしておきたいものです。
そのような住所録=アドレス帳の管理システムを構築を1度作っておけば、今後、仕事に、私生活に必ずや役に立つ事でしょう。


★お薦めの住所録管理ツール(アプリ)★

◆Gメール http://gmail.google.com/

「Gメール」は、メールアカウントを登録((無料)することで利用が可能となりプライベート用や会社用など、自分が使っている複数のアドレス宛にくるメールを一か所に集約することができま
す。また、メールサーバーの容量は約10ギガバイトと巨大であり、なおかつ迷惑メール対策の 精度の高さにも定評があります。
「Gメール」を使えば、住所録なら「連絡先」、スケジュールは「グーグルカレンダー」を利用することで、パソコン上でもスマートフォン上 でも常に同じ情報を一元管理できて便利です。

◆IS Contacts Kit Free( for iPhone & iPad)  http://app-liv.jp/509070714/

IS Contacts Kitは無料のアドレス帳管理アプリです。
iPhoheのアドレス帳を簡単、安全、完全にExcelファイルに出力、すばやく正確に重複する連絡先を検索してアドレス帳を統合・整理します。
また、アドレス帳の連絡先をOutlookやGメールにエクスポート、インポートできます。
携帯電話で大量の連絡先を編集するのは大変です。
Excelの優れた 機能を利用し大量処理で連絡先の簡単、正確な管理、修正をしましょう。

 

その他   2013/03/15   wada
このページの先頭へ戻る