旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

XPのサポート終了

2014年4月9日で、ウィンドウズ XPのサポート期限が終了になります。XPは現在も利用者が多く、「サポート終了」になるとどのような影響があるのか、どんな危険性があるか、パソコンの買い替えしなくてはいけないのかなど、心配されている方も多いでしょう。

今月はXP 搭載パソコンの利用者は今後どう対応すべきかについてご紹介致します。

サポート終了とは?

サポートが終了しても、ウィンドウズXPが動かなくなったり、パソコンが起動しなくなったりすることはなく、XP 搭載パソコンを使い続けることは可能です。
しかし、サポートが終了すると・セキュリティ更新プログラム・セキュリティ以外の修正プログラムが提供されなくなります。
つまり、サポートの終了による最大の影響は「更新プログラム」が全く提供されなくなることです。
そのためXPに新しいセキュリティ上の問題点が発見されても修正できないため、「悪人が付け入るすき」がそのままになります。
もちろん、無償/有償の支援サポートもありません。各ソフト・周辺機器メーカーもXPに対応した新製品は数を減らし、XPについてのサポートも対象外になっていくでしょう。

買換えは必要か?

「自分のXPのパソコンには大切なデータが入ってないし、ウイルスにデータ壊されても問題ない。
インターネット見るくらいなら十分に使えるからXPのサポートが終わっても使い続ける」とお考えの人もいるかもしれません。
しかし、自分のパソコンのデータについては何ら問題ないし壊れても自己責任かもしれませんが、そのパソコンを踏み台にされて第三者のパソコンを攻撃するための「道具」として使われる事も十分に考えられます。
パソコンの脆弱性を解決しないままで使用し続けることはネット社会の一員として、良識ある行為といえません。
現在、XPを利用している方は、ウィンドウズ7または8へのパソコンの買換えをお薦め致します。
日本マイクロソフトでは、2013年4月9日から来年4月9日まで「移行支援強化期間」として相談窓口(個人のお客様用0120-54-2244、平日9:30〜12:00/13:00〜19:00)を開設しています。

まとめ

XPは使い勝手の良さから、日本国内企業の約4割、個人の約3割がいまだ利用を続けていると云われています。
しかし、その多くのXPマシンは購入して3年〜5年以上は使用しており、重く遅いながらもどうにか使用しているユーザーも多いのではないでしょうか。
パソコンの買い替えは機種の選定からデータ移行・ネット環境の再設定などの作業を伴い、大事なデータが消えたらどうしよう、使用しているソフト/周辺機器は7や8では使えるのか等など心配も多く、何かと面倒で大変なものです。
当社では、パソコンの買換えを個人法人問わずお手伝いしております。機種選定、データ移行、その他細かな設定も全てお任せ。
パソコンの買換えをご検討の方はお気軽にご相談ください。

★Windowsのサポート期間(2013年5月現在)★
 

Windowsのバージョン

発売日

メインストリーム

延長サポート終了日

サポート終了日

Windows 98 / 98 SE

1998年7月25日

2002年6月30日

2006年7月11日

Windows Me

2000年9月23日

2003年12月31日

2006年7月11日

Windows XP

2001年11月16日

2009年4月14日

2014年4月8日

Windows Vista

2007年1月30日

2012年4月10日

2017年4月11日

Windows 7

2009年10月22日

2015年1月13日

2020年1月14日

Windows 8

2012年10月26日

2018年1月9日

2023年1月10日

 

基本ソフトOS   2013/07/15   wada
タグ:OS
このページの先頭へ戻る