旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

拡大鏡ツール

パソコンの小さい文字が見づらい…とお悩みの方はいませんか?そんな方にお薦めの機能があります!
Windowsに標準機能として搭載されている「拡大鏡」。XPやVistaでも搭載されていた機能ですが、実は7以降、さらに使いやすくなった優秀な機能です。

今月は「拡大鏡」についてご紹介致します。

拡大鏡の機能

拡大鏡とはその名の通り、画面の一部を拡大表示する小窓を表示して、コンピューター画面を読みやすくする表示機能です。
拡大する倍率は100〜1600%までと、全16段階から場合に応じて自由に選択できます。 
XPやVistaの時代は、起動が遅かったり拡大場所がうまく調節できなかったり…といったユーザーの不満もありましたが、7では見事に解消。
新たにショートカットも使えるようになるなど、使いやすさが格段に上がっています。
拡大鏡は使いやすいように、好みに合わせて拡大方法を以下の3つのモードから選べます。
 1.全画面全体:画面全体を拡大するシンプルなモード。画面を拡大した状態のまま、クリックやキーボードでの入力操作も行える。
 2.レンズ:虫眼鏡で覗き込んでいる感覚でマウスポインターの周囲を拡大するモード。
   マウスポインターとともに、拡大されている領域も一緒に移動。
 3.固定:画面の好きな位置を好きな大きさで、固定して拡大するモード。

拡大鏡の使い方

ウィンドウズ7 では、使い方が簡単になり「ショートカットキー」だけでいつでも起動、拡大させることができるようになりました。
起動は[Windows]キーを押しながら同時に[+]を、縮小は[−]を、終了は[Esc]キーを[ 押します。意味的にもとても覚えやすいショートカットキーでしょう。
 ▶起動&拡大:[Windowsキー]+ 「+」キー1回目「拡大鏡」が起動とともに200%へと拡大。
  2回目以降 100%刻み1,600%まで拡大可。
 ▶縮小:[Windowsキー]+「?」キー
  (ノートパソコンは[Windowsキー]+「?」キー)
 ▶終了:[Windowsキー]+「Esc」キー
 ▶全画面表示モード:[Ctrl]+ [Alt] +「F」
 ▶レンズ モード:[Ctrl]+ [Alt] +「L」
 ▶固定モード:[Ctrl]+ [Alt] +「D」

まとめ

「拡大鏡」は、ほかの人にパソコンの画面を見せるときに、見やすいように拡大してあげたり、プレゼンテーションなどでも簡単に拡大して強調したり、またスクリーンキャプチャーをする時にもとても便利です。
しかしもっと重宝するのはひょっとすると、疲れ目、夕方老眼、週末老眼、ドライアイなど目の不調でお困りの中高年の方々かもしれません。
最近、どうもパソコンの文字が見づらい…という方は「拡大鏡」を一度、お試しください。
バッファロー社から見たいところをボタン一つで瞬時に拡大できる拡大鏡機能付きマウス(BSMBU15)も発売されています。こちらも便利です。

★Windows7使いやすくなった「拡大鏡」★

img_01.jpg

◆ 起動&拡大:[Windowsキー]+「+」キー
◆ 縮小:[Windowsキー]+「?」キー
◆ 終了:[Windowsキー]+「Esc」キー

img_02.jpg

レンズモード:虫眼鏡で画面を見ている感覚でマウスポインタの周囲を拡大します。
マウスポインタを動かすとレンズも一緒に移動します。
 

その他   2013/08/15   wada
タグ:OS
このページの先頭へ戻る