旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

XP→7へアップグレード

「Windows XP」が今年の4月9日にサポートが終了します。
サポートのないOSを使い続けるというのはウイルス感染・情報漏洩などなどのリスクを助長させることになり、新しいOSへの移行が必要です。

今月は、XPから7へのアップグレードについて、方法や注意点をご紹介致します。

XPから7にアップするには

XPから7にあげるには上書きアップグレードはできず、新規インストールのみになります。
よって事前に必要なデータをバックアップし、7を新規インストール後にバックアップしたデータを戻し、ネット環境やプリンタなど各種設定を改めてし戻す作業が必要になります。
そして7にもホーム やプロ、また32ビット/64ビットなどのいくつかグレード・種類があります。
ご家庭で普通にパソコンを使うならホームの32ビットで概ね十分でしょう。
気になる7のOS 単体価格は、アマゾンでホームの正規版で22,000円前後、DSP版だとホーム/プロ共に約13,000円前後です。

7にアップできるかチェックする

いまお使いのXP マシンでWindows7を動作させることができるか?もしそれができるならパソコンを買い換えずに7のOS 単体を購入しアップグレードできます。
それを調べるには、Microsoftが公式サイトで配布しているチェックツール「Windows7 Upgrade Advisor」 を実行するのが近道です。
いまお使いのマシン性能、そして使用ソフトが7で使えるかチェックできます。
長らくXPを愛用してきた人にとって、7にアップして操作上、躊躇するのはメールソフトでしょう。
多くのXPユーザーが使ってきたメールソフト「アウトルックエクスプレス」は7では使えず、後継の標準メールソフトは「Windows Liveメール」になります。
この「Windows Liveメール」はその使い勝手が独特でどうにも使いこなすまでそれ相当の慣れが必要かも知れません。
そこで筆者がお薦めするメールソフトは「Thunderbird(サンダーバード)」です。http://www.mozilla.jp/thunderbird/ より無料でダウンロードできます。
ヤフーで「サンダーバード」で検索してもヒットします。メッセージの高速全文検索、タブ表示、アーカイブなど、便利な機能を満載したメールソフト、他製品からの乗り換えも簡単です。

まとめ

いま現在、街の家電店でパソコンを買うと初期設定のままでは使いづらい「ウィンドウズ8」を搭載したパソコンです。
お使いのパソコンがビスタ、または比較的新しいXPマシンならば、敢えて新品パソコンを買わずに7にアップグレードして使う手もあります。
ビスタから7へは上書きアップグレードが出来るので簡単ですが、XPから7へは新規インストールのみ。
アップグレード作業にそれなりの知識と経験が必要です。
当社では、7へのアップグレードを個人法人問わずお手伝いしております。機種・環境の確認、データ移行、その他細かな設定も全てお任せ。
お気軽にご相談下さい。


★OSアップグレード時に便利なツール★

◆Windows 7 Upgrade Advisor
価格▶フリーソフト(無料)
動作OS▶Windows 7、Vista、XP(SP2)
URL▶http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=20

windows-7-upgrade-advisor-23.png

お使いのパソコンで Windows 7を実行できるかどうかを確認します。
チェック対象となるのは、PCのハードとソフトウェア、そしてPCに接続しているプリンタなどのデバイスです。
それぞれにつき互換性の有無や、何らかの問題が発生する危険があるかなどを確認できます。
新しいPCに移行する際にファイル、メール、写真、および設定を転送するには、Windows 転送ツールが役立ちます。
Windows 7では、さらに手軽に利用できます。
本ツールはWi ndows 7のDVD-ROMの中のsupport\migwizの下のMigsetup.exeを実行歯、手順に従ってデータならびに環境移行を進めていくことができます。


◆Windows 転送ツール
価格▶フリーソフト(無料)
動作OS▶Windows 7、Vista、XP

img_1044244_40276909_0.jpg

新しいPCに移行する際にファイル、メール、写真、および設定を転送するには、Windows 転送ツールが役立ちます。
Windows 7では、さらに手軽に利用できます。
本ツールはWi ndows 7のDVD-ROMの中のsupport\migwizの下のMigsetup.exeを実行歯、手順に従ってデータならびに環境移行を進めていくことができます。

基本ソフトOS   2014/02/15   wada
タグ:Windows7
このページの先頭へ戻る