旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

アカウント乗っ取り

ここ数年でかなり普及したLINEやフェイスブックなどのコミュニケーションツール、これらのアカウント乗っ取られる被害が相次いで起きています。

アカウントを乗っ取られるとどうなるのか、その対策は?など、今月はアカウント乗っ取りについてご紹介します!

LINEでのアカウント乗っ取り

「近くのコンビニエンスストアでプリペイドカードを買うのを手伝ってもらえませんか?」という不審なメッセージが、
突然LINEで友人や知人から送られてきたことはありませんか?
ここのところ、LINEのアカウントを乗っ取り、コンビニで電子マネーを購入させてお金を盗むという被害が相次いでいます。 
対処方法としては、他社サービスと同じログインIDやパスワードを使用しないということが現在最も有効な対処法とされています。
もしも不幸にもアカウントが乗っ取られてしまったらすぐに下記のLINEの「問題報告フォーム」にアクセスしてアカウントを削除し
友達や知人に連絡しましょう。


フェイスブックでのアカウント乗っ取り

友人や知人になりすました友達申請が相次いでいます。姓名が同じであっても写真が違ったり、キャラクターである場合は特に注意です。
万が一、3名以上のなりすましアカウントを承認してしまうとアカウントが乗っ取られてしまう可能性があります。
もしフェイスブックアカウントが乗っ取られてしまうと、勝手にタイムラインに書き込み、勝手にメッセージのやり取りが行われ、知人友人たちが次の乗っ取りターゲットにされてしまい被害者だけでなく加害者になってしまうこともあります。


対処法

ウェブサービスのアカウントが乗っ取られる事を予防する、5つの対策をご紹介します。

  • メールアドレスをむやみに公開しない
  • 同じパスワードを使い回さない
  • 同じパスワードを長期間使わない
  • 二段階認証を利用する
  • 友達申請を慎重に承認する
     

まとめ

アカウント乗っ取りは「他人事、私は大丈夫」と思っていましたが、昨年、私のSkype(スカイプ)のアカウントが乗っ取られて数百ドルの請求が来てビックリしました。お恥ずかしい話ですが、パスワードの使い回しが原因でした。
その事件以来、パスワードの使い回しをやめて二段階認証できるサービスはその設定をして利用するように気をつけています。
アカウント乗っ取りは他人事ではありません。最近手口はますます巧妙化しております。くれぐれもご注意ください!


もしもLINEのアカウント乗っ取られたら・・・

01.jpg
 

第三者にアカウントを乗っ取られると、送ったはずのないメッセージがLINE上の「友だち」に送られる、読んでいないメッセージに既読が付くなど、いわゆる“なりすまし”が行われる。また、自分のスマホでLINEアプリが使えなかったり、第三者のPCからメッセージを盗み見されたりということもあります。

02.jpg
 

「お問い合わせフォーム」画面。スマホだけでなくPCからも可能。https://contact.line.me/ja/

LINEの「お問い合わせフォーム」から「自分のアカウントが盗まれた」を選択して詳細を入力してください。LINE側の確認がとれ次第、数時間後にはアカウントが削除されます。
削除後は、なるべく早く友だちへ連絡をします。アカウントを乗っ取られたことにより、友だちに詐欺まがいのメッセが届くなど、迷惑が広がる可能性があることを速やかに伝えましょう。
連絡はフェイスブックなどのSNSを使い一斉に、SNSを使っていない友だちにはEメールなどで伝えておくと、より確実です。

 


 

トラブル関連   2014/11/15   wada
このページの先頭へ戻る