旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

ドキュメントスキャナ

デジタル化がすすんだ今日でも「紙面」での書類は圧倒的に多いものです。
いつか読み返すかもしれない雑誌や料理レシピ、書物以外にも、名刺やクレジットカード・証券会社・保険会計の書類、、家電のマニュアル類、保証書類などなど。最近のスキャナは読込スピードが格段に速くなり、また無線にも対応、すごく便利になりました。

今月はドキュメントスキャナについてご紹介します!

ドキュメントスキャナとは

ドキュメントスキャナとは紙資料を電子化する周辺機器です。数十枚ある紙資料もシートフィーダにセットして、一気に取り込めるのがポイント。最新の機種では毎分25枚、もたつきは全くなくスルスルと読み取ってくれます。また、wifi 無線対応なのでスキャンしたデータはすぐにスマホやタブレットでも見ることができます。
さらにスキャナで取り込んだ書類は、OCR(光学文字認識)をかけることで、キーワード検索ができるようになり、手書きのノートや雑誌の文字もOCRをかけることでキーワード検索し、パソコンからすぐに発見、閲覧できます。
また、一度取り込んで電子化したファイルは、DropboxやEvernoteなどのクラウドサービスで同期・共有しておくことも可能。
とても便利です。

スキャンするメリット

スキャンするメリットとしてまず、安心して書類を捨てる事ができ、書類を保管していたスペースが片付いてスッキリします。
その他にも次のようなメリットがあります。
◇パソコンからだけではなく、スマホやタブレットからでもスキャンした書類を見ることが出来ます。
◇すぐに書類を捜すことができるキーワードを打ち込んで素早く検索できるので見たい書類がすぐに簡単に見つけられます。
◇思い出をきれいなまま残せる写真など、いつまでも色あせることなくデータとして保管しておけます。

まとめ

一般的な多機能プリンタのスキャナでは1枚の書類を読み込むにもジジジッ…と1〜2分、時間がかかってしまいます。
しかし最新のドキュメントスキャナは本当に早いです。スー、スーという感じで全然ストレスなく、あっという間にスキャンが終わり
ます。OCR(文字認識)もほぼ完璧です。
私は古い写真をスキャンしてデジタル化し、パソコンで整理しています。また、諸々の電化製品などの操作説明書をPDF化してクラウドサーボス「Dropbox」に、「AV機器」や「調理器具」、「時計」など分野ごとにフォルダを作り保存しています。
必用なときにスマホやタブレットなどからパッとマニュアルを見られるのでとても便利です!

★お薦めWifiインターネットラジオ「富士通 ScanSnap iX500 FI-IX500A」

価格▶46,520円(Amazonにて2015年2月末現在)
新開発のデュアルコアCPUを搭載した「GI」プロセッサーを搭載。スマートフォン/タブレット、パソコンいずれでも、ストレスを感じることなく書類を電子化できます。毎分25枚・両面で50面の高速読み取り。パソコンやスマホからWi-Fi接続でiX500を利用することも可能。

71zB7K4n12L._SL1500_.jpg
 

光学解像度 600dpi
原稿サイズ A4
読取速度 自動解像度モード(両面・片面):25枚/分、ノーマ
ル(カラー/グレー150dpi、白黒300dpi相当、両面・
片面):25枚/分
インターフェース USB(USB3.0)/USB2.0/USB1.1(コネクタ:BType)
無線L A N IEEE802.11b/g/n
サイズ 292×168×159mm

 

ハードウェア関連   2015/04/15   wada
タグ:スキャナ
このページの先頭へ戻る