旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

スティック型パソコン

昨年暮れに「スティック型パソコン」なるものが発売され、いま爆発的に売れています。100円ライターより一回り大きいサイズのスティックをテレビのHDMI 端子に指すと、テレビが最新のWindows8.1搭載パソコンとして使えます。

今月はご家庭のテレビをパソコンに変えるスティック型パソコンについてご紹介します!

スティック型パソコン

大きさが10センチ程度のスティックをご家庭のテレビの裏にあるHDMI 端子に挿すだけでテレビがパソコンに。Wifiも装備しているのでインターネットも楽しめるし、普通のパソコンのように使いたいソフトウェアをインストールすれば、そのソフトが使えます。
ご家庭のテレビでエクセルだって年賀状だって作れますし、iTunesで音楽聴くことも、ネットショッピングも、Youtubeの動画も、大きな画面で楽しむ事ができます。
ハードディスクの大きさは製品やモデルによりますが、32GBはありますし外付けハードディスクも増設可能。ただしUSBポートは一つしかないのでUSB ハブは別途、付けた方が便利です。実勢価格は2万円前後。

使い勝手は?

その性能は標準的なWindowsタブレット並み程度。具体的にはホームページ閲覧やメールチェック、ストリーミング動画再生、ワード・エクセルをインストールすれば文章や表計算の作成や閲覧、あるいはスマホで撮影した写真をちょっと加工してフェイスブックにアップする、といった使い方は問題なくこなせますが、動画編集や動きの早い3Dゲームなどはやや荷が重いかもしれません。
普段の日常においては、テレビに接続して使うのが基本となりそうですが、サブマシンとして出張先のホテルのテレビに接続する、かばんに常に入れて持ち歩き、出先のプロジェクターに接続して商品解説などに利用する、などという使い方も可能です。
気をつけることはキーボードとマウスの接続方法でしょうか。USBコードで接続しても使えますが、せっかく茶の間の大きなテレビで観るのですから、無線のものを用意した方が使い勝手は良いでしょう。
Bluetoothにも対応しています。

まとめ

スマホやタブレットが普及し、ご家庭のパソコンをあまり使わなくなった、しかし全く不要というわけではなく必要なときもあるので、使う頻度は少なくなったが一応は自宅にもパソコンを備えている、という人は少なくないでしょう。そしてこの傾向は今後も進んでいくだろうと考えます。
実売価格が2万円前後と手頃なうえ、最新のwindows8.1を搭載した小さいながらも本格的な小型パソコン。
クラウドサービスが充実した今日、大事なデータはネット上に保管、いつでもどこでも、ご家庭のテレビからでも、簡単に手軽にアクセスでき
る時代になりました!


★お薦めスティック型パソコン インテル「 Compute Stick」

main.jpg


価格▶オープン価格(2015年4月末発売予定 実売価格2万円前後)

昨年暮れに発売して爆発的に売れたのはマウスコンピュータ社製「m-Stick MS-NH1」。その後、数社から同じような製品が発売されましたが、この春、いよいよインテル社がスティック型パソコンを発売。周辺機器メーカーのアイ・オー・データ機器では、ComputeStickと自社製の液晶ディスプレイやUSBハブをセットにしたモデルを5月中旬に発売する予定。

 

本体サイズ 103(幅)× 37(奥行)× 12(高さ)mm
重量 54g
CPU Atom Z3735
(1.33GHz-最大1.83GHz)
メモリ/HDD 2GB/32GB(eMMC)
通信機能 IEEE802.11b/g/n 対応無線LANと
Bluetooth 4.0

 

  2015/05/15   wada
タグ:新製品
このページの先頭へ戻る