旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

ネット銀行

ネット銀行に口座開設を考えているけれど、店舗や窓口も預金通帳もない銀行とは一体どんな仕組みで成り立っているのか。
また、一般の店舗型の銀行より高金利だったり、振込手数料が無料だったり、魅力的な点もたくさんあり、疑問や興味を感じる人も多いでしょう。

今月は使い込むほど便利で得をするネット銀行のメリットや口座の開設方法などを紹介します。

 

 

ネット銀行のメリット

一番のメリットは、手数料の安さです。例えば「住信SBIネット銀行」だと、比較的簡単な条件をクリアすれば月に3回まで他行への振込手数料が無料。他にも「ソニー銀行」や「新生銀行」はセブンイレブンのATMで手数料無料で出金できます。しかも回数はなんと無制限。
2番目のメリットは既存の銀行に比べて高金利。イオン銀行の普通預金では既存銀行より120倍も高金利です(年会費無料のイオンクレジットカード加入必須)。超低金利の時代、普通預金でこれだけ高い金利は魅力です。
3番目のメリットは24時間、パソコンやスマホでいつでもどこでも利用可能、もうATMに並ぶ必要はありません。他にも毎月の家賃や駐車場代など、決まった金額を自動で振り込むサービスや、他の銀行から毎月決まった金額を手数料無料で入金するサービスもあります。
 
口座の開設方法

ネット専業銀行の口座開設はスピーディ&簡単な点が特徴です。各銀行のホームページから申し込むだけで、申し込み手続きが完了する場合がほとんど。パソコンやスマホから24時間いつでもすぐ口座開設の申込ができます。
印鑑は必要なく、必要なものはパソコン(またはスマホ)と運転免許証などの本人確認書類です。
ホームページから申込完了後、約1週間で自宅に「本人限定受取郵便」でキャッシュカードが届きます。受け取る際、郵便局員の人に本人確認書類を見せます。本人確認書類には運転免許証や健康保険証、パスポートなどが使えます。
受け取った郵便の中に同封されているキャッシュカードとID・パスワードを使ってログイン。すぐに銀行口座の利用が可能です。
口座への入金は他の銀行から振込みによって行うか、コンビニATMなどでキャッシュカードを使って現金を入金します。
 
まとめ

超低金利の今日、一般の銀行普通預金金利は0.001%。1000万円貯金して受け取る利息はわずか年100円です。他行への送金手数料1回分にもなりません。
その打開策として、より高利回りを狙って株式投資や投資信託、外貨預金、はたまた個人国債等などの金融商品は星の数ほどありますが、投資の知識や経験が乏しい人にはちょっと敷居が高いかもしれません。
その点、ネット銀行の普通預金であれば元本保証ですし口座開設も簡単。この春、ネット銀行デビューしてみてはいかがでしょうか?とても便利ですよ!















主なネット銀行比較表

銀行名

普通預金金利(年率・税引前)

預入金額

振込同行

振込他行
3万円未満

振込他行
3万円以上

コンビニATM出金手数料

イオン銀行

0.120%

1万円以上1円単位

0円

216円

216円

ローソン、ファミマは108円、それ以外は216円、ミニストップは24時間365日何回でも無料

楽天銀行

0.100%

1000円以上1円単位

0円

165円

258円

ランクに応じて月7回まで無料 回数超過分は1回216円

住信SBIネット銀行

0.010%

1000円以上1円単位

0円

ランクに応じて月15回まで無料

回数超過分は1回154円

ランクに応じて月2回~15回まで無料 回数超過分は1回108円

セブン銀行

0.001%

1万円以上1円単位

50円

216円

216円

セブンイレブン店舗内のATMで7:00〜19:00は無料

じぶん銀行

0.001%

1円以上1円単位

0円

無料回数を超えたら、3万円未満:174円/3万円以上:278円

月2回~11回まで無料 回数超過分は1回108円

ゆうちょ銀行

0.001%

1円以上1円単位

月5回まで無料

5万円未満216円

5万円以上432円

ほとんどのコンビニで平日8:45~18:00までは108円、土曜日は9:00から14:00まで108円、それ以外は216円

 

WEBサービス   2017/05/15   wada
このページの先頭へ戻る