旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

LINE@(ラインアット)

今日、中高年・高齢者もスマホを持つ方々は増え、比例してLINEユーザーも多くなり、10~20代の若年層は無論のこと30~50代の年齢層の連絡手段ツールとしてLINEが電話やメールより広く使われるようになってきました。
今月はこのLINEを利用した、商店や美容室・ショップや中小企業でも販売促進に使える「LINE@(ラインアット」についてご紹介します。
「LINE@」とは

LINEが個人間のコミュニケーションツールであるのに対し、LINE@は個人や企業が、不特定多数の人に一斉送信することをおもな目的としたツールです。
利用料金が高額なLINE公式アカウントに比べると非常にリーズナブルで、無料で利用できるプランもあります。
クーポンを配信したり、ポイントカードの機能を持つショップカードを発行したりすることもでき、ユーザーと1対1のやりとりもできるので、
個人のお店や中小企業がサービスをアピールしたり、ユーザーとつながるのに適したツールとなっています。
 
「LINE@」の料金プラン

LINE@には料金プランが4つあります。
【フリープラン】 月額0円
【ベーシックプラン】 月額5,400円(税込)
【プロプラン】 月額21,600円(税込)
【プロ(API)プラン】 月額32,400円(税込)

各プランそれぞれの特典や機能の違いについては下記表をご覧いただくとして、メッセージ数の数え方について説明します。
フリープランでは月に1,000通までメッセージを一斉送信することができます。
この1,000通とは合計数となりますので、例えば友達登録数が300人の場合、月4回送ると1,000通を超えますので月に3回までとなります。
 
LINE@の始め方

「LINE@」を始めるには、「LINE」アカウントが必要です。LINEをまだ使っていない場合はまずスマホ等で「LINE」アプリをダウンロードして「LINE」に登録しておきましょう。
そのあと、下記の手順で設定を進めていきます。
 1.LINE@ アプリをダウンロード
 2.LINE@ アカウントを取得
 3.LINE@ アカウントを設定
これらを済ませば、友だち登録してくれたユーザーにメッセージを配信できるようになります。 
 
まとめ

一昔前、メールマガジンを使って販売促進をする方法がありました。しかしメールマガジンだと既読率は低く、多くの場合は即ごみ箱へ。
しかしLINEはメッセージアプリですから、例えば、「本日12時から特売!」といったメッセージを配信すると、メールよりもすぐに読んでもらえる可能性が高いといえます。
次回はLINE@での友達の増やし方等についてお知らせします

hokkaidokeizai2018_06.jpg
WEBサービス   2018/06/15   和田 徳久
このページの先頭へ戻る