旭川 北海道 パソコン修理・指導・設定・販売 パソコンを100%活用しよう!

デジっ知ニュース

迷惑メールの対処法2

迷惑メールの対処法2
  先週から始まりました迷惑メールの対処法、2回目です。前回は迷惑
  メールの概念と特徴、多くみられる傾向(内容)、アドレスの収集方法
  についてお知らせしました。迷惑メールはシロアリのようなもので、
  1通でも届いたらその後ドンドン届くケースが多いです。その理由は
  先週お伝えしたように、迷惑メールを送る業者間でリストが転売され
  ているのも原因でしょう。

  今週は迷惑メールの基本的な見分け方や受け取ったらどうするか基本
  的な対処法などについて説明します。
  具体的な対処法の予備知識段階です。


●迷惑メールの基本的な見分け方
 迷惑メールを見分ける基本的な事として、差出人や件名でほぼ間違え
  なくこれは必要なメール、これは迷惑メールと振り分ける事ができます
  が、ここではさらにもう一歩踏み込んで技術的なメールの中身について
  少し触れてみたいと思います。

  メールには、発信者や転送経路などの情報が記録される「ヘッダ」と、
  メッセージそのものである「ボディ(本文)」の2つの領域があります。
  これらメールのヘッダを確認する方法はお使いのメーラーによって
  違いますが、Microsoft OutlookExpress(OE)の場合は次の手順でヘッダ
  情報を確認する事が出来ます。

●ヘッダ情報の確認法(OEの場合)
  1.メール一覧画面で、迷惑メールを選択して右クリック 
  2.現われたメニューからプロパティを選択 
  3.現われたウィンドウの[詳細] タブをクリック

  ほかのメーラーのヘッダ情報の表示法 
   http://www.nifty.com/support/manual/mail/index.htm

●ヘッダに記載される主要なフィールド(属性)
  ヘッダ             内容
  From         差出人の名前とメールアドレス 
  Return-Path   メールが届かなかった場合に、そのメールを送り返すアドレス 
  Received    メールの転送経路 
  To         受信者 
  Subject      表題 
  In-Reply-To   返信先のメールアドレス 
  References   参照したメールのID(元のメールの「Message-Id:」フィールド) 
  X-Mailer    メールソフトの名称やバージョン名(「User-Agent:」など
                     異なるフィールド名を使うメールソフトも多い 
  Content-Type  本文に適用するエンコーディング形式 
  Message-Id    メール固有のID

  ヘッダーのそれぞれの部分の詳しい読み方については次のサイトにも
  詳しく説明されてます。
  ・くまたろう氏の頁の「新・変なメールを受け取ったら」 
   http://www.hennamail.com/
  ・かわはら氏の「電子メール配達の仕組み」
   http://www.tarokawa.net/junkmail/mailtran/ 
  ・高崎真哉氏の「spam対応初心者用メールヘッダ解析講座」
   http://www2g.biglobe.ne.jp/~stakasa/spam/jiexiheader.html

●迷惑メールを受け取ったら
  その1:内容の取り扱いは自己責任
  その2:自己防衛に努める(最低限以下のことは厳守)
       ・URLはクリックしない 
           ・添付ファイルは開かない 
           ・返信しない
  その3:広げない
       ・チェーンメールやデマメールを真に受けて広げない
           ・ウィルスメールを拡散しない=ウィルス対策を施す
  その4:迷惑メールの被害を少しでも軽減する
      ・プロバイダやネットワーク管理者への情報提供
      ・所轄団体や公共機関への情報提供

  迷惑メールを受け取ったら無視して削除することですが、必要なメール
  まで削除しないように充分に注意しましょう。件名がないものや意味
  不明な英語のメールは注意が必要です。
  また、差出人が自分になっている、身に覚えのないメールは開かない
  ことです。 

  メールの本文中にあるリンク先をクリックすると関心のある見込み客
  として扱われて、それまでよりも多量のメールが送られてくることも
  あります。
  変な怪しいメールにあるURLはむやみにクリックするのは危険です。
  不当な請求にもつながるケースも多いです。

  そして一番気をつけていただきたいのは、「今後メールの不要な方は
  こちらに返信を・・」には返信しないことです。勝手にメールを送った
  ことに対して、抗議のメールも出しても効果はありません。


●◇●まとめ●◇●
  今週は主に迷惑メールのヘッダの解析について説明しました。
  あまり詳しく説明すると「難しい!」と懸念される恐れもありますので、
  詳しく説明してあるサイトを紹介しておきました。

  あえてこのまとめのところで何故、これらメールのヘッダ情報を知る
  ことが必要かをすこし説明しておきたいと思います。
  それは迷惑メールが頻繁に届くようになった場合の対処の1つに、利用
  しているプロバイダにその事を情報提供して止める方法があるからです。
  大手のプロバイダは迷惑メールの申告用ページを用意している場合も
  あるので、それらを利用して迷惑メールを申告するとプロバイダの方で
  その迷惑メールの出所を解析してくれて、送られないように対処して
  くれます。
  (例:@nifty https://www.nifty.com/support/madoguchi/form_virus.htm )

  またプロバイダ以外にも「財団法人日本データ通信協会」  
   http://www.dekyo.or.jp/soudan/top.htmでも迷惑メール相談センターを
  開いてます。これら申告の際に、長々とあるヘッダ情報を全て送って
  も良いのでしょうが、迷惑メールの申告に本当に必要な部分はヘッダ
  部分で、特に「Received:」で始まる行とそれに続く空白で始まる行
  です。「Received:」が数ブロックあれば、それらは転送経路を示す
  のでその数ブロック全てが必要になります。

  このような難しいことより大事な事は次のことです。
  迷惑メールを受け取ってもむやみに
    ・“相手にしない”
    ・“返信しない”
    ・“URLをクリックしない”
  ということです。

  それとあともう1つ大事な事は、送信者情報は偽装している事が多い
  ということです。つまり送信元を偽装しているので、その送信元に
  「変なメールを送ってこないで!」と怒っても意味がないし、また
  場合によっては貴方のメールアドレスの実存を照明する事になるので、
  くれぐれも相手にしないことが懸命です。
  少なくともこれらのことは覚えておきましょう。
  詳しい対処法は次週より説明して行きたいと思います。

  来週は「迷惑メールの対処法」第3弾、いよいよ迷惑メールの具体的な
  対処法について説明します。次回は対処法として3つ、プロバイダーの
  迷惑メール対策サービスを利用とウイルス対策ソフトの迷惑メール対策
  機能を利用する場合、メールソフトが持っているフィルタ機能を利用
  する場合についてです。乞うご期待!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
●◇●Q&Aコーナー●◇●

  パソコン出張指導などでのお客様から質問のあった内容を紹介します。

  Q:システムの復元機能を使用後のウィルス定義の日付の整合性

   A:ウィンドウズXPやMeにはパソコンの調子が悪くなった場合、
     システムの状態を任意の日付の状態に戻せる「システムの復元」
     という機能があります。これを使ってパソコンの状態をある一定、
     例えば1月1日時点まで戻したとします。そうなるとウィルスソフト
     の定義ファイルの日付も1月1日に戻るかというと、場合によっては
     そうでもないケースが多く、ウィルス定義ファイルが更新できない
     場合があります。
     解決方法は定義ファイルを格納しているtemp(一時)フォルダにある
     ファイルを全て削除します。
     ノートンをお使いの方は詳しくは書きページを参考にしてさい。

    シマンテック社サポート    http://url123.com/hhwru

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●◇●気になったニュース●◇●

  1.乗ってみたい国産の新車は?等など「NIKKEI NET:ランキング」
     http://rank.nikkei.co.jp/

  2.株式会社東商提供「園芸お役立ち情報」参考になります!
     http://www.10-40.jp/how-to/top/how-to-top.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●◇●ひとり言●◇●

5月のビーフシチュー
  北海道旭川、5月の中旬にも関わらず相変わらず天候はすぐれず寒い日が
  続いています。桜はようやく市内の日当たりの良いところではぼちぼち
  咲き始め、今週末くらいが満開時でしょうか。朝晩は零下にはならない
  ものの5度以下なので、いまだに朝晩はストーブを焚いているのです。
  ねっ、本州にお住まいの方々、ありえないでしょ?5月中旬でもストーブ
  を焚くなんて・・・。

  そんな寒い日が続く中、先日、ある会の飲み会でビーフシチューが
  美味しいと有名な居酒屋?焼鳥屋に行ってきました。市内サンロク
  繁華街にある「ビーフシチューのオノデラ」です。柔らかいビーフ、
  こってりとしたスープ、ちゃんと人参の味がする人参、ビーフシチュー
  を店の一押しメニューにしているお店だから当然、美味しかったです。
  しかしいままで僕はレトルトでないちゃんとしたビーフシチューを何回
  食べた事があるのだろう?思えば子供のころは1度も食べた記憶がないなぁ~。

  で、その時はなんだか仲間と話をしながらぼんやりと食べたので、
  もう一度しっかりと食べたいと思い、土曜の夕方、自分で調理を挑戦
  しました。
  どうしてもアツアツのヤツをフーフーいって、フランスパンとワインで
  食べたかったのです。

  結果、どうだったか?聞くまでもないですよね。失敗です(^^♪ 
  味が濃かった・・・。
  それと、自宅で料理をして毎回思うのが、皿とかスプーンとかテーブル
  とか部屋の雰囲気とかがどうも日常だから、貧相だから、味も今ひとつに
  なっちゃうんだなぁ(と、理由をこじつけているのだが!(^^)! 。

  という訳で、今度はキャンプ場のコテージとかで、しっかりと美味い
  ビーフシチューを作り食べたいな!と決意した和田でした。
  今週はこのへんで。ではでは。

  ブログには旭川市内を走行中の1ショットを載せておきます。この道幅は
  すっかり見慣れた道幅なのだけど、本州の人たちにとってはきっと広い!
  って思われるのでしょうね。 
  でも、冬は雪でこの半分の道幅になるんですよ
セキュリティ関連   2005/05/16   wada
このページの先頭へ戻る