ネット証券

ネット証券 1.WEBサービス

ネット証券

超低金利時代の昨今、普通預金金利は0.001%しかなく、100万円を1年間預けた場合の利息はわずか10円です。銀行預金なので預けてある金額の元本割れはなく安心ですが、金融や経済を勉強してもう少し積極的にお金を増やしていきたいものです。

今月は初心者が少額から資産運用が始められるネット証券のメリットや選定のポイントなどを紹介します。

ネット証券のメリット

ネット証券の最大のメリットは、取引を行う上で時間や場所を問わずに取引できることです。ちょっとしたスキマ時間や帰宅後の夜しか取引ができないという方も安心ですし、スマートフォンやモバイルPCを使えば、外出先でも簡単に取引ができます。
また、とにかくネット証券は取引時に必要な手数料が安いのも大きなメリットです。安さの理由は、ネット証券は実店舗を構えていないので、人件費や実店舗を構えて営業する時にかかるコストがかからない分、利用者にとってもコストダウンという形で還元されています。
ほかにもネットならではの豊富な情報や取引において便利なツールが用意されていますので、リアルタイムで多くの情報が確認できるのもネット証券の強み。中にはプロも使うクオリティの高いツールもあります。

選定のポイント

一般的にネット証券会社を選定する上でのポイントは、取引手数料の安さ、次に商品のラインナップ数、3つ目は使いやすさと云われています。しかし、投資初心者はどの金融商品がいいのか、個別銘柄なのか、投資信託なのか、外貨預金に投資するのが良いのか悩む人も多いでしょう。
なので、投資初心者の方がはじめてネット証券を選ぶのであれば、同じ系列会社でネット銀行とネット証券会社を併せ持つ大手のところで、まずは銀行口座を開設してお金を預け、小額から金融商品を購入し経験を積んでいくのが良いでしょう。具体的には「楽天銀行&楽天証券」、または「SBI銀行&SBI証券」です。両行ともに手数料は安く商品のラインアップ数も多く安心です。
両行ともに口座開設はネット上で簡単にできますし、銀行と証券の口座を1つとして口座間の振替を手数料無料で即時に行えて便利でしかも高金利(楽天はなんと0.1%)。ほかにも銀行と証券の口座を同時開設すると、1000円がもらえるキャンペーン中です。

まとめ

どの金融商品がいいのか、個別銘柄なのか、投資信託なのか、外貨預金に投資するのが良いのか悩む人も多いでしょう。
なので、投資初心者の方がはじめてネット証券を選ぶのであれば、同じ系列会社でネット銀行とネット証券会社を併せ持つ大手のところで、まずは銀行口座を開設してお金を預け、小額から金融商品を購入し経験を積んでいくのが良いでしょう。具体的には「楽天銀行&楽天証券」、または「SBI銀行&SBI証券」です。両行ともに手数料は安く商品のラインアップ数も多く安心です。
両行ともに口座開設はネット上で簡単にできますし、銀行と証券の口座を1つとして口座間の振替を手数料無料で即時に行えて便利でしかも高金利(楽天はなんと0.1%)。ほかにも銀行と証券の口座を同時開設すると、1000円がもらえるキャンペーン中です。

ネット証券

コメント