メルカリ

メルカリ 1.WEBサービス

メルカリ

「メルカリ」とは、スマートフォンで簡単に利用できる個人間の不用品売買=フリーマーケット=フリマアプリです。スマートフォンのカメラで撮影したものを、そのまま商品の写真として使えるため、面倒な出品作業もいらず、「3分でかんたん出品」できます。

今月は商品数、商品の種類ともに日本最大のフリマアプリ「メルカリ」についてご紹介します。

メルカリ登録の手順

以前はスマホからでしかメルカリに登録できませんでしたが、2016年4月以降はパソコンからも登録できるようになりました。しかし出品やプロフィール顔写真の変更はスマホのみからなので、注意が必要です。
スマホの場合は「メルカリ」アプリをダウンロードし、パソコンの場合はメルカリサイトにアクセスして登録を行います。ニックネーム、メールアドレス、パスワードなど必要事項を記入し登録を進めていき、登録は完了。登録欄の一つに「招待コード」というものがあります。招待コードは任意なのですが、招待コードを入力すると紹介者と新規利用者に300ポイント(300円分)貰うことができます。もしお近くにすでにメルカリを利用している友人がいる場合は招待コードを聞いてみましょう。
メルカリを利用するにあたり、出品手数料、月額料、会員登録料はどれも無料です。

出品の流れ

メルカリの出品方法はヤフオクなどに比べ非常に簡単です。そしてなにより売れる確率が高いです。
出品の流れは次の通り。
1. 出品商品の写真を撮る(スマホでOK)
2. 商品のジャンル、状態を選択する
3. 商品名、説明を入力する
4. 配送方法、商品の価格を決定する
ネット上で見知らぬ人との取引なので、商品説明を丁寧に書く、できるだけ綺麗な商品写真を用意するなど、スマホで簡単に出品できるからと言って手を抜かず購入後のトラブルを避けるためにも買い手の気持ちになって出品することが大切です。
また、メルカリでは往々にして「値下げ交渉」されることがあります。あまりにも法外な値下げ要求には、応える必要はありませんが、1~2割程度の値下げには応じてもいいかもしれません。売上金は商品が売れた時は、「売上金」としてカウントされます。「売上金」は、銀行口座への振込申請をすることで現金に変換することができます(1万円以内は210円の手数料)。商品が売れた場合に10%の販売手数料がかかります。

まとめ

ヤフオクは値段がどんどん上がって行き、最高金額を付けた人が落札できるのですが、メルカリは即決価格で売買されます。金額は最初の値段から安くなる事はあっても高くなる事はありません。即決ですのでヤフオクと違いスピーディに売買出来る強みがあります。
ご家庭の不用品を「メルカリ」で出品してお小遣い稼ぎに挑戦してみてはいかがでしょうか。

メルカリ

コメント