Zoom(ズーム)

1.WEBサービス

Zoom(ズーム)

新型コロナウイルスの影響で需要が高まるテレワーク。いまや多くの人が利用するテレビ会議ツール、そのなかでも「Zoom(ズーム)」は敷居の低さや通話品質が評価され、急激にユーザーを増やしています。今月は自宅に居ながらも仕事やプライベートで利用が高まる「Zoom」についてご紹介します。

Zoomの始め方
Zoomを始めるにあたりパソコンを使うのか、スマホ/タブレットを使うのか、また参加する側か、それとも会議を主催する側か、それによって多少、手順は違いますがそれほど難しくありません。
特にスマホをお持ちで参加する側であれば、とっても簡単です!一部のノートパソコンは最初からWebカメラが付いている機種もありますがデスクトップパソコンの場合はWebカメラとマイク、スピーカー(またはイヤホン)が必要です。Zoomアプリ( https://zoom.us/ )を画面に従ってインストールし、参加する場合は会議主催者からの招待メールにある参加URLをクリックすればテレビ会議が始まります。
会議を主催する側はZoomアカウント登録が必要になります。 

Zoomの便利な機能
Zoomはテレビ会議を行う上で便利な機能、例えば「画面共有」や「ホワイトボード」など幾つかあります。その中でも重宝するのが「バーチャル背景」、自分の顔以外の背景を風景画像で覆い、自宅の様子を隠してくれる機能です。
スマホだけでなくPCにも同一の機能があります。PCの場合はZoom画面下の「ビデオの停止」ボタン右側の▲→「仮装背景を選択」で5種類の背景から選べます。 

Zoomでのマナー・注意点
お友達同士で「オンライン飲み会」などをやる時は自由にZoomを楽しんで差し支えありませんが、お仕事上などで使う場合は下記の点に気を付けましょう。・発言時間を短く、簡潔な発言を心がける・発言する際は手を挙げて合図する・自分がしゃべる時以外はミュート(消音)・逆光、カメラの位置 顔が正面に映るようになどが挙げられます。注意点として、Zoomの無料版は40分の時間制限があり、40分以上使う場合は40分で一度切って、再び皆をビデオ会議に召集することになります。それと、音声+動画でデータ量も増えるのでwifi環境下での使用が望ましいです。  

まとめ
新型コロナウイルスにより外出を制限されていた今春、子供から大人まで多く人がすでにZoomやLINEなどでオンラインミーティングを利用されているかと思います。
もしまだZoomを試されていない方は苦手意識を持たずにぜひ早めに試されてみることをお勧めします。声だけの電話とは全然違い、相手の顔を見ながら、複数の人と同時会話できるのは便利で楽しいものす。 Zoomを始めてみたいけれど機器などの購入や設定などでお困りの方はご連絡ください。お手伝い致します! 

Amazon | ロジクール ウェブカメラ C270n ブラック HD 720P ウェブカム ストリーミング 小型 シンプル設計 国内正規品 2年間メーカー保証 | Logicool(ロジクール) | ウェブカメラ 通販
ロジクール ウェブカメラ C270n ブラック HD 720P ウェブカム ストリーミング 小型 シンプル設計 国内正規品 2年間メーカー保証がウェブカメラストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

コメント