Youtube動画編集

5.お仕事関係

Youtube動画編集

子供のなりたい職業ランキングにも名を連ねるYotuber(ユーチューバー)。ユーチューバー”ヒカキン”のように好きなことをやってお金を稼ぎたいと動画撮影や編集に感心を持ったことはありませんか?

今月はスマホを使って動画を撮影し、スマホのアプリで編集する方法についてご紹介します。

 

動画の撮影機材

動画撮影をする際に使うカメラは、一眼カメラタイプ、ハンディカムタイプ、GoProなどのアクションタイプがあり、どれも5万円以上する高価なものです。その他にもライトやマイクが必要です。しかしすべてを最初から揃えずにまずはスマホをお持ちならスマホのカメラで撮影を始めることをお勧めします。

最近のスマホのカメラ性能はとても高性能になり、専用機と比べてもひけを取りません。高価な機材を揃えるのは動画をスマホで30本、50本と撮り、撮影に慣れてからにしましょう。

ただしスマホで撮影する場合は自動り棒や三脚スタンドは必須です。録画スタート&ストップの遠隔操作できるリモコンが付いているものもあります。

 

動画の編集

動画の編集ソフトもピンキリあり、多くのユーチューバーが使う「Adobe Premiere Pro」が有名です。ソフトもカメラ機材と同じく安価なものでまずは始めることをお勧めします。フリーの動画編集ソフトは「Aviutl」や「Filmora」などたくさんあり、フリーといえどもトリミングやリサイズ・連結、テロップ挿入など動画編集に必要な機能は十分に備えています。iPhoneをお使いならiMovie」がイチ押しです。スライドや音楽の種類も豊富で、クオリティの高い動画を作れます。

 

動画撮影編集の心構え

スマホで簡単に綺麗な動画を撮影できるとはいえ、何をどこでどうやって撮るかは難しいものです。そして撮影した動画をセンス良く、分かりやすくインパクトのあるものに編集するのは骨の折れる作業。そして、最初はほとんど誰も見てくれません。

然るに最初からyoutubeで儲けよう!と気負わず、機材を最低限のものにして、まずは始めること、そして続けることが大事。続けていくためにも自分の夢中になれるもの、好きなことを探し見つけ、動画で記録しyoutube配信していけば、動画スキルの向上を自ら楽しめ、そしていつしかアクセスが増えることを期待しましょう。

 

 

まとめ

そもそも何を撮影し発信していくか?そのコンテンツをどうするか?そこが最大の難所といえます。ポイントは自分の「好きなこと」「得意なこと」「社会的に価値があること」をじっくり考え、トライ&エラーを繰り返して自分だけのコンテンツを見つけていくことでしょうか。動画の撮影&編集はとてもクリエイティブな気分を味わえます。そしてその技術や経験はこれからの社会にきっと役立つでしょう。コロナ渦で自宅に居る時間が多いいま、動画編集に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

Amazon.co.jp

コメント